報道関係者各位

プレスリリース

UPDATE

出版120周年 ピーターラビット™展

世田谷美術館

開催期間:

世田谷美術館(東京都世田谷区砧公園1-2)にて「出版120周年 ピーターラビット™展」を2022年3月26日(土)より6月19日(日)まで開催いたします。今なお世界中で愛され続けるいたずらなウサギ、ピーターラビット™。2022年、シリーズ第1作『ピーターラビットのおはなし』の出版120周年を迎え、本展は、ピーターラビットの誕生前夜から今日に至るまでの歩みを振り返る、盛大なバースデイパーティをテーマに開催します。作品の原点となった、作者ビアトリクス・ポター™の絵手紙や、スケッチ、挿絵原画等、日本初公開作品を含め、約170点をご紹介します。

《『ピーターラビットのおはなし』挿絵原画》 ビアトリクス・ポター 1902年 ウォーン・アーカイブ/フレデリック・ウォーン社 © Frederick Warne & Co. Ltd, 2017

この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。

新着情報

  • NEW 展覧会公式サポーターに松下洸平さんが就任!!音声ガイドにも初挑戦!
    本展の東京展の公式サポーターに松下洸平さんが就任しました。 展覧会がより楽しくなる音声ガイドナビゲーターにも初挑戦し、 作品の見どころやピーターラビットの世界をご案内していただきます。 子供の頃『ピーターラビットのおはなし』も愛読し、 ウサギも飼っていたという松下さんは、 「音声ガイドのナビゲーターは初めてで緊張していますが、 ピーターラビットの世界をより楽しんでいただくために頑張ります。 」と意気込みを語っています。

    【松下洸平さんコメント】
    東京展サポーターに任命いただき、 とても嬉しく思います。
    やんちゃで寂しがり屋、 冒険が大好きだけど、 帰るのはお母さんの待つあったかいお家。 僕はそんなピーターが大好きでした。 家には『ピーターラビットのおはなし』があったし、 子どもの頃に飼っていたウサギには、 たぶんピーターも大好きだと思うにんじんをあげていた。 「動物たちが言葉を喋る」なんて夢のような話と思いながらも、 二人きりになると飼っていたウサギに一生懸命話しかけていた。 多くの人々に愛されているピーターラビットは、 僕にとっても、 世界一薄いブルーのジャケットが似合う友だちです。
    音声ガイドのナビゲーターは初めてで緊張していますが、 ピーターラビットの世界をより楽しんでいただくために頑張ります。

    【松下洸平さんプロフィール】
    1987年3月6日生まれ。 東京都出身。
    2008年に「STAND UP!」でCDデビューし、 09年にBROADWAY MUSICAL「GLORY DAYS」で初舞台を踏む。
    18年に「母と暮せば」、 「スリル・ミー」の舞台で読売演劇大賞優秀男優賞、 杉村春子賞などを受賞。
    19年のNHK連続テレビ小説「スカーレット」で一躍注目を集める。
    最近の主な出演作は、【TV】「最愛」(TBS)、「リモラブ」(日テレ)、「やんごとなき一族」(フジテレビ)2022年4月スタート、【映画】劇場版「DEEMO サクラノオト-あなたの奏でた音が、 今も響く-」、【舞台】音楽劇「夜来香ラプソディ」2022年3月上演予定。

    ※松下洸平さんの写真をご希望の際は広報事務局までお問い合わせください。

展覧会概要


出版120 周年をお祝いする
バースデイパーティの開催です!


今なお世界中で愛され続けるいたずら好きなウサギ、ピーターラビット。
1902 年にフレデリック・ウォーン社から刊行されたシリーズ第一作『ピーターラビットのおはなし』は、2022年に出版120周年を迎えます。

本展は、そのメモリアルイヤーをお祝いし、ピーターラビットの誕生前夜から今日に至るまでの歩みを振り返る、盛大なバースデイパーティをテーマに開催します。

作者のビアトリクス・ポターが「ピーターラビット」シリーズを描くきっかけとなった、作品の原点《ノエル・ムーア宛ての絵手紙》の直筆オリジナルを日本初公開。さらに、シリーズ最初の絵本『ピーターラビットのおはなし』の彩色画を、作家が当初構想した通りに、全てそろった形でご覧いただけるのは日本で初めてです。ほかにも「ピーターラビット」以前にビアトリクスによって描かれたウサギのスケッチ(日本初公開)やイラストレーション、私家版や草稿本、作家自身の発案による貴重な関連アイテムなど約170点をご紹介。

会場には、ピーターラビットの世界を体験できるイギリス湖水地方のザ・ワールド・オブ・ビアトリクス・ポター・アトラクションが、本展のために特別に制作した、高さ180cmの特大バースデイケーキも登場し、ピーターラビットの絵本誕生120周年を来場者と一緒にお祝いします!

やんちゃで魅力的なピーターラビットの活躍を、心ゆくまでお楽しみください。

作者 ビアトリクス・ポター™
Beatrix Potter™
ロンドンの裕福な家庭に生まれたビアトリクス・ポター(1866 -1943)は幼い頃から絵を描く才能を発揮し、特に小動物を好んで描きました。挿絵画家として仕事を始めた頃、元家庭教師の息子、ノエル・ムーアの療養を見舞う、いたずら好きなウサギのピーターについての絵手紙を送ったことから始まった「ピーターラビット」シリーズは、世界中で2億5000万部を超えるロングセラーとなっています。ビアトリクスは絵本だけではなくピーターラビットの様々な関連商品も手がけました。
絵本のキャラクターを商品化するための特許を取得したのは、ビアトリクスが最初の人物だと言われています。彼女の情熱はイギリスの湖水地方の景観を守ることにも向けられ、著書によって得た収入を元に広大な土地を次々と購入し、農場経営を通して、生涯に渡りその自然を守り続けます。彼女の没後、そのほとんど全ての土地と建物はナショナル・トラストに寄贈されました。

ビアトリクス・ポター™の愛した湖水地方とは
イングランド北西部に位置する自然に恵まれた美しい地域。ビアトリクスとその後のナショナル・トラストの保護活動により、風光明媚な湖畔や山々、谷間に穏やかに連続する牧草地は何百年も前からの姿を保ち続けています。豊かな自然と田園風景の中で動物たちを観察しスケッチすることにより、ビアトリクスは「ピーターラビット」シリーズのインスピレーションを受けました。

「ピーターラビット™」シリーズとは
愛くるしく魅力的な動物たちが、美しい自然の中で織りなすウィットに富んだ物語。1902年刊行の『ピーターラビットのおはなし』を皮切りに、1930 年まで次々に出版され、シリーズは全部で23冊となりました。

記念すべきシリーズ最初の1冊『ピーターラビットのおはなし』あらすじ
いたずらっこのピーターは、お母さんの言いつけを守らず、一人でマグレガーさんの畑に入り込みます。レタスやラディッシュを食べた後、マグレガーさんに見つかってしまったピーターは、ジャケットや靴を脱ぎ捨て、ジョウロの水でびしょ濡れになりながら一生懸命逃げ回ります。やっとのことで出口を見つけ、いちもくさんに家に帰ったピーターは具合が悪くなってしまいます。そんなピーターに、お母さんはカモミールの煎じ薬を飲ませてあげました。

本展監修者 河野芳英先生からのコメント
1893年9月4日、ビアトリクス・ポターはポリオで病床にいる知人の息子ノエル・ムーアに一通の絵手紙を送りました。いたずらウサギのピーターがマグレガーさんの畑に忍び込み、捕まりそうになり、やっとの思いで住まいに戻るという、行きて帰りし物語。そこにはビアトリクスの心優しい励ましのメッセージを読み取ることができます。ノエルは外を駈けまわり、カモミールの煎じ薬を飲むピーターの姿を自分と重ね合わせたことでしょう。絵手紙は『ピーターラビットのおはなし』として出版され、世界中の児童文学を代表する絵本としてだけでなく、「ピーター」はキャラクターグッズとなり販売され、世界規模の展開を見せます。今回展示されるノエル少年への直筆の絵手紙、やんちゃなピーターの水彩原画などは、コロナ禍の影響で塞ぎがちな私たちの気持ちをなごませてくれること請け合いです。出版後120年が経っても今なお錆びない「ピーターラビット」を実感するためにぜひ会場にお運び下さい。

※広報用画像は、5点までお選びいただけます。5点以上ご希望の場合は、本国の確認が必要となりますため広報事務局までご連絡ください。
※プレスリリースに掲載の湖水地方の画像をご希望の場合は、広報事務局までご連絡ください。

開催概要

会期
2022年3月26日(土)〜2022年6月19日(日)
会場 世田谷美術館
住所 東京都世田谷区砧公園1-2 Google Map
展示室 世田谷美術館 1階展示室
時間
10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館日
毎週月曜日(ただし、5月2日[月]は開館)
観覧料
一般1,600円 / 65歳以上1,300円 / 大高生800円 / 中小生500円
*障がい者の方は500円。小中高大生の障がい者の方は無料。介助者(当該障がい者1名につき1名)は無料。*未就学児無料
*高校生、大学生、専門学校生、65歳以上の方、各種お手帳をお持ちの方は、いずれも証明できるものをご提示下さい。
*各種割引については世田谷美術館窓口にて取り扱います。
新型コロナウイルス感染症対策のため、会期中の土日・祝休日および 5月2日[月]は、日時指定券を販売いたしますので、事前のご購入をお勧めいたします。詳しくは展覧会公式サイトをご覧ください
チケット購入場所
公式チケットサイト・フジテレビダイレクト・チケットぴあ・ローソンチケット
*オンライン・プレイガイドでのご購入が難しい方は、ご来場当日分に限り、美術館窓口でご購入いただけます。ただし、ご来場時に予定枚数が終了している場合がございます。
販売スケジュール
第1期 3月26日[土]~ 5月8日[日]指定券/2月26日[土]正午 発売開始
第2期 5月10日[火]~ 6月19日[日]指定券/4月16日[土]正午 発売開始
● 平日の日時指定はございません。美術館窓口でもご購入いただけます。
● 状況により、チケットの販売方法、会期等が変更となる場合がございます。
チケット販売の詳細をご確認される際、またご来場の際には、展覧会公式サイトをご覧ください。
*会場内混雑の際には、入場をお待ちいただく場合がございます。
*週末、祝休日、会期末は混雑が予想されますので、平日、会期前半のご来場をお勧めいたします。
TEL 050-5541-8600(ハローダイヤル)*全日9:00 ~20:00
URL
【展覧会公式サイト】
https://peter120.exhibit.jp
URL2
【世田谷美術館|公式サイト】
https://www.setagayaartmuseum.or.jp
SNS
主催 世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)、朝日新聞社、フジテレビジョン、東映
後援 世田谷区、世田谷区教育委員会
協力 日本航空、ソニー・クリエイティブプロダクツ
監修 河野芳英(大東文化大学教授)
巡回先 あべのハルカス美術館 2022年7月2日[土]~ 9月4日[日]
静岡市美術館 2022年 9月15日[木]~ 11月6日[日]
プレスリリース ダウンロード
ログインしてご利用ください。

広報用画像一覧

  • 画像説明 ビアトリクス・ポター 1892年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館 Courtesy of the Victoria and Albert Museum
  • 画像説明 《『ピーターラビットのおはなし』初版(濃茶色厚紙装丁版)》 フレデリック・ウォーン社 1902年 ウォーン・アーカイブ/フレデリック・ウォーン社 © Frederick Warne & Co. Ltd, 2021
  • 画像説明 《ノエル・ムーア宛ての絵手紙》 ビアトリクス・ポター 1893年 ピアーソン PLC © Victoria & Albert Museum, London, 2015
  • 画像説明 《庭の野ウサギ》 ビアトリクス・ポター 1892年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(リンダー・コレクションからの寄贈) Courtesy of The Victoria and Albert Museum and Frederick Warne & Co.
  • 画像説明 《ウサギの頭部習作》 ビアトリクス・ポター 1890年頃 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(リンダー・コレクションからの寄贈) Courtesy of The Victoria and Albert Museum and Frederick Warne & Co.
  • 画像説明 《『ピーターラビットのおはなし』挿絵原画》 ビアトリクス・ポター 1902年 ウォーン・アーカイブ/フレデリック・ウォーン社 © Frederick Warne & Co. Ltd, 2017
  • 画像説明 《『ピーターラビットのおはなし』挿絵原画》 ビアトリクス・ポター 1902年 ウォーン・アーカイブ/フレデリック・ウォーン社 © Frederick Warne & Co. Ltd, 2017
  • 画像説明 《『ピーターラビットのおはなし』挿絵原画》 ビアトリクス・ポター 1902年 ウォーン・アーカイブ/フレデリック・ウォーン社 © Frederick Warne & Co. Ltd, 2017
  • 画像説明 《『ピーターラビットのおはなし』挿絵原画》 ビアトリクス・ポター 1902年 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(リンダー・コレクションからの寄贈) Courtesy of The Victoria and Albert Museum and Frederick Warne & Co.
  • 画像説明 《ピーターラビットのぬいぐるみ》 シュタイフ社 1905年 ウォーン・アーカイブ/フレデリック・ウォーン社 © Frederick Warne & Co. Ltd, 2015
  • 画像説明 画像掲載の際には、ご掲載いただく記事内のどこか1か所に、上記ロゴをダウンロードの上ご記載ください。※スペース上の問題などで掲載が難しい場合は、画像データとともにお送りしているメール文に記載の【画像利用規定・掲載時注意事項】の掲載の表記を必ずご記載いただけますようお願いいたします。
  • 画像説明

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
広報用画像1点以上使用し、ご紹介いただいた媒体には、読者プレゼント用ご招待チケット5組10名様分をご提供可能
プレスリリース・画像データの一括ダウンロード
この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。
  • ログインされていない場合は、
    ログインの上、お申込み画面にお進みください。
  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、ARTPR担当者 までご連絡ください。

出版120周年 ピーターラビット™展 広報事務局
株式会社OHANA