報道関係者各位

プレスリリース

UPDATE

国立西洋美術館リニューアルオープン記念
自然と人のダイアローグ
フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで

国立西洋美術館

開催期間:

国立西洋美術館リニューアルオープン記念として、ドイツ・エッセンのフォルクヴァング美術館の協力を得て、自然と人の対話(―ダイアローグ―)から生まれた近代の芸術の展開をたどる展覧会を開催します。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《刈り入れ(刈り入れをする人のいるサン=ポール病院裏の麦畑)》
1889年 油彩・カンヴァス フォルクヴァング美術館
© Museum Folkwang, Essen

この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。

新着情報

  • New 音声ガイドナビゲーター、チケット情報が更新されました。
    ◇ 音声ガイドナビゲーターは声優の駒田航さん、さらに世界的ピアニスト・福間洸太朗さんとのスペシャル・コラボも決定しました。
    ◇ 5/19より日時指定券の販売を開始します。お得なペア券や展覧会限定仕様のグッズセット券も販売します。
    詳しくは、下記よりプレスリリースをダウンロードの上、ご確認ください。

展覧会概要

フォルクヴァング美術館と国立西洋美術館は、同時代を生きたカール・エルンスト・オストハウス(1874-1921)と松方幸次郎(1866-1950)の個人コレクションをもとにそれぞれ設立された美術館です。
本展では開館から現在にいたるまでの両館のコレクションから、印象派とポスト印象派を軸にドイツ・ロマン主義から20世紀絵画までの100点を超える絵画や素描、版画、写真を通じ、近代における自然に対する感性と芸術表現の展開を展観します。産業や社会、科学など多くの分野で急速な近代化が進んだ19世紀から20世紀にかけて、芸術家たちも新たな知識とまなざしをもって自然と向き合い、この豊かな霊感源から多彩な作品を生み出していきます。

足元の草花から広大な宇宙まで、そして人間自身を内包する「自然」の無限の広がりから、2つの美術館のコレクションという枠で切り出したさまざまな風景の響き合いをお楽しみください。自然と人の関係が問い直されている今日、見る側それぞれの心のなかで作品との対話を通じて自然をめぐる新たな風景を生み出していただければ幸いです。

開催概要

会期
2022年6月4日(土)〜2022年9月11日(日)
会場 国立西洋美術館
住所 東京都台東区上野公園7番7号 Google Map
時間
9:30~17:30(金・土曜日は20:00まで)
休館日
月曜日、7月19日(火) (ただし、7月18日(月・祝)、8月15日(月)は開館)
観覧料
一般 2,000円、大学生 1,200円、高校生 800円
*中学生以下、心身に障害のある方及び付添者1名は無料(入館の際に学生証または年齢の確認できるもの、障害者手帳をご提示ください)
*国立美術館キャンパスメンバーズ加盟校の学生・教職員は各料金から200円引き(国立西洋美術館券売窓口にて学生証または教職員証をご提示ください)
*入場方法等についての詳細は、展覧会公式サイトをご覧ください。
TEL 050-5541-8600(ハローダイヤル)
URL
国立西洋美術館|公式サイト
https://www.nmwa.go.jp
URL2
展覧会公式サイト
https://nature2022.jp
主催 国立西洋美術館、読売新聞社、NHK、NHKプロモーション
共同企画 フォルクヴァング美術館
協力 西洋美術振興財団
※展覧会概要は変更の可能性があります。最新の情報は公式サイトをご確認ください。
プレスリリース ダウンロード
ログインしてご利用ください。

広報用画像一覧

  • 画像説明 ウジェーヌ・ブーダン 《トルーヴィルの浜》 1867年 油彩・カンヴァス 国立西洋美術館
  • 画像説明 エドゥアール・マネ 《嵐の海》 1873年 油彩・カンヴァス 国立西洋美術館 旧松方コレクション
  • 画像説明 クロード・モネ 《舟遊び》 1887年 油彩・カンヴァス 国立西洋美術館 松方コレクション
  • 画像説明 ゲルハルト・リヒター 《雲》 1970年 油彩・カンヴァス フォルクヴァング美術館 
    © Gerhard Richter 2022 (13012022) © Museum Folkwang, Essen
  • 画像説明 ヨハン・クリスティアン・クラウゼン・ダール 《ピルニッツ城の眺め》 1823年 油彩・カンヴァス フォルクヴァング美術館
    © Museum Folkwang, Essen
  • 画像説明 ポール・ランソン 《ジギタリス》 1899年 テンペラ・カンヴァス 国立西洋美術館
  • 画像説明 カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ 《夕日の前に立つ女性》 1818年頃 油彩・カンヴァス フォルクヴァング美術館
    © Museum Folkwang, Essen
  • 画像説明 ポール・ゴーガン《扇を持つ娘》 1902年  油彩・カンヴァス フォルクヴァング美術館
    © Museum Folkwang, Essen
  • 画像説明 ポール・セザンヌ 《ベルヴュの館と鳩小屋》 1890-1892年頃 油彩・カンヴァス フォルクヴァング美術館
    © Museum Folkwang, Essen
  • 画像説明 ポール・シニャック 《サン=トロペの港》 1901-1902年 油彩・カンヴァス 国立西洋美術館
  • 画像説明 アクセリ・ガッレン=カッレラ 《ケイテレ湖》 1906年 油彩・カンヴァス 国立西洋美術館
  • 画像説明 フェルディナント・ホドラー 《モンタナ湖から眺めたヴァイスホルン》 1915年 油彩・カンヴァス フォルクヴァング美術館
    © Museum Folkwang, Essen
  • 画像説明 ピート・モンドリアン 《コンポジションX》 1912-1913年 油彩・カンヴァス フォルクヴァング美術館
    © Museum Folkwang, Essen
  • 画像説明 エドヴァルド・ムンク 『アルファとオメガ』:(17)《絶望するアルファ》 1908-1909年 リトグラフ 国立西洋美術館
  • 画像説明 フィンセント・ファン・ゴッホ 《刈り入れ(刈り入れをする人のいるサン=ポール病院裏の麦畑)》
    1889年 油彩・カンヴァス フォルクヴァング美術館
    © Museum Folkwang, Essen
  • 画像説明 クロード・モネ 《睡蓮》 1916年 油彩・カンヴァス 国立西洋美術館 松方コレクション
  • 画像説明 エンネ・ビアマン 《睡蓮》 1927年頃 ゼラチンシルバー・プリント フォルクヴァング美術館
    © Museum Folkwang, Essen
  • 画像説明 フォルクヴァング美術館外観
    © Museum Folkwang, Essen, photo: Sebastian Drüen
  • 画像説明 カール・エルンスト・オストハウス(1921年以前の撮影)
    Albert Renger-Patzsch © Museum Folkwang, Essen
  • 画像説明 株式会社川崎造船所(現川崎重工業株式会社)
    初代社長 松方幸次郎
    写真提供:川崎重工業株式会社
  • 画像説明 フランク・ブラングィン 《共楽美術館俯瞰図》 1918-1922年 個人コレクション
  • 画像説明
  • 画像説明

内覧会 開催情報

※ 内覧会が開催される展覧会については、ログイン後の画面にて情報のご確認・お申込みが可能です。詳細はログインの上、ご確認ください。

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
広報用画像1点以上使用し、ご紹介いただいた媒体には、読者プレゼント用ご招待チケット2組4名様分、3組6名様分のいずれかをご提供可能
プレスリリース・画像データの一括ダウンロード
内覧会お申込み用フォームページあり
この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。
  • ログインされていない場合は、
    ログインの上、お申込み画面にお進みください。
  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、ARTPR担当者 までご連絡ください。

自然と人のダイアローグ展 広報事務局
株式会社OHANA