報道関係者各位

プレスリリース

UPDATE

マリー・ローランサンとモード

Bunkamura ザ・ミュージアム

開催期間:

Bunkamura ザ・ミュージアム(東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F)にて「マリー・ローランサンとモード」を2023年2月14日(火)から4月9日(日)まで開催いたします。女性的な美をひたすら追求したローランサンと、男性服の素材やスポーツウェアを女性服に取り入れたシャネル。本展では美術とファッションの境界を交差するように生きた二人の活躍を軸に、ポール・ポワレ、ジャン・コクトー、マン・レイ、そして美しいバイアスカットを駆使したマドレーヌ・ヴィオネなど、時代を彩った人々との関係にも触れながら、モダンとクラシックが絶妙に融合する両大戦間パリの芸術界を俯瞰します。

マリー・ローランサン 《ニコル・グルーと二人の娘、ブノワットとマリオン》 1922年 油彩/キャンヴァス マリー・ローランサン美術館 © Musée Marie Laurencin

この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。

展覧会概要

ふたつの世界大戦に挟まれた1920年代のパリ。それは様々な才能がジャンルを超えて交錯し、類まれな果実を生み出した、奇跡のような空間でした。とりわけ女性たちの活躍には、目を見張るものがありましたが、ともに1883年に生まれたマリー・ローランサンとココ・シャネルの二人は、大戦後の自由な時代を生きる女性たちの代表ともいえる存在でした。

女性的な美をひたすら追求したローランサンと、男性服の素材やスポーツウェアを女性服に取り入れたシャネル。本展では美術とファッションの境界を交差するように生きた二人の活躍を軸に、ポール・ポワレ、ジャン・コクトー、マン・レイ、そして美しいバイアスカットを駆使したマドレーヌ・ヴィオネなど、時代を彩った人々との関係にも触れながら、モダンとクラシックが絶妙に融合する両大戦間パリの芸術界を俯瞰します。

時代とともにありながら、時代を超えた存在となったローランサンとシャネル。二人の創作の今日的な意味とその真価が、生誕140年を記念するこの展覧会で明らかになるでしょう。

本展では、オランジュリー美術館やマリー・ローランサン美術館など国内外のコレクションから、約90点のラインナップでご紹介します。

※マリー・ローランサン美術館:マリー・ローランサンの世界で唯一の専門美術館。1983年~2011年まで長野県蓼科高原で開館。2017年~2019年まで東京・ホテルニューオータニで開館。現在コレクションの公開はしていない。


見どころ
1.画家として、女性として、時代に煌めいた寵児カリスマにして先駆者パイオニア
マリー・ローランサンを再発見する!

2.アートとファッション、パリの社交界を舞台に交差するもうひとつの才能
シャネルの軌跡と1910-1930年代のファッションを紐解く

3.モード界の鬼才ラガーフェルドが現代によみがえらせた
華やかかつシックなローランサンの色彩パレット

マリー・ローランサン Marie Laurencin
パリ生まれ。アカデミー・アンベールで絵画を学ぶ。ピカソやブラックとの交流から、初期にはキュビスムの影響色濃い作風であったが、後に、パステル調の淡い色調と優美なフォルムが特徴の女性的な作風に。エコール・ド・パリの中でもひときわ輝く存在となる。詩人アポリネールとの大恋愛でも知られる。

下記の作品をご希望の方は、広報事務局までご連絡ください。
下記の作品は、WEB 媒体での掲載のみ、主催社が一括して画像使用申請済みです。以下の条件の場合に限ります。
① 展覧会閉幕(2023年4月9日)以降は WEB ページから画像削除
② コピーカードを必ずかけてください。
紙面に掲載する場合、A4 版サイズの出版物の場合は A5 サイズ(1/2頁)以下、A5 版サイズ以下の出版物の場合は A5 サイズ(1頁)以下の画像とテキストを含めた展覧会についての記事であれば、画像使用料はかかりません。これを超える場合は、画像使用料が別途必要となります。


画像説明 画像説明 画像説明 画像説明
(画像左から1番目)マリー・ローランサン 《マドモアゼル・シャネルの肖像》 1923年 油彩/キャンヴァス オランジュリー美術館 Photo © RMN-Grand Palais (musée de l'Orangerie) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF
(画像左から2番目)マリー・ローランサン 《ピンクのコートを着たグールゴー男爵夫人の肖像》 1923年頃 油彩/キャンヴァス パリ、ポンピドゥー・センター Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist. RMN-Grand Palais / image Centre Pompidou, MNAM-CCI / distributed by AMF
(画像左から3番目)マリー・ローランサン 《黒いマンテラをかぶったグールゴー男爵夫人の肖像》 1923年 油彩/キャンヴァス パリ、ポンピドゥー・センター Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist. RMN-Grand Palais / image Centre Pompidou, MNAM-CCI / distributed by AMF
(画像左から4番目)マリー・ローランサン 《鳩と女たち(マリー・ローランサンとニコル・グルー)》 1919年 油彩/キャンヴァス ポンピドゥー・センター所蔵、パリ装飾美術館に寄託 Photo © Centre Pompidou, MNAM-CCI, Dist. RMN-Grand Palais / Jacques Faujour / distributed by AMF

開催概要

会期
2023年2月14日(火)〜2023年4月9日(日)
会場 Bunkamura ザ・ミュージアム
住所 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F Google Map
時間
10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
※状況により、会期・開館時間が変更となる場合がございます。
休館日
3月7日(火)
入館料
一般 1,900円(1,700円)
大学生・高校生 1,000円(800円)
中学生・小学生 700円(500円)
※( )内は前売料金
※未就学児は入館無料。
※学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いいたします。(小学生は除く)
※障がい者手帳のご提示で割引料金あり。ご本人様とお付添いの方1名様は半額となります。(一般950円、大学・高校生500円、中学・小学生350円)当日窓口にてご購入ください。
※前売券は2023年1月販売予定。詳細につきましては、決定次第Bunkamura ザ・ミュージアムHPにてご案内いたします。
◎本展は会期中すべての日程で【オンラインによる事前予約】が可能です。
ご予約なしでもご入場いただけますが、混雑時にはお待ちいただく場合がございます。
予約方法等の詳細はBunkamura ザ・ミュージアムHPにてご確認ください。
TEL 050-5541-8600(ハローダイヤル)
URL
【Bunkamura ザ・ミュージアム|公式サイト】マリー・ローランサンとモード
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/23_laurencin/
SNS
主催 Bunkamura、日本経済新聞社
後援 TOKYO MX
プレスリリース ダウンロード
ログインしてご利用ください。

広報用画像一覧

  • 画像説明マリー・ローランサン 《ニコル・グルーと二人の娘、ブノワットとマリオン》 1922年 油彩/キャンヴァス マリー・ローランサン美術館 © Musée Marie Laurencin
  • 画像説明マリー・ローランサン 《私の肖像》 1924年 油彩/キャンヴァス マリー・ローランサン美術館 © Musée Marie Laurencin
  • 画像説明マリー・ローランサン 《ヴァランティーヌ・テシエの肖像》 1933年 油彩/キャンヴァス ポーラ美術館
  • 画像説明マリー・ローランサン 《牝鹿と二人の女》 1923年 油彩/キャンヴァス ひろしま美術館
  • 画像説明マリー・ローランサン 《鳩と花》 1935年頃 油彩/キャンヴァス(タペストリーの下絵) マリー・ローランサン美術館 © Musée Marie Laurencin
  • 画像説明マリー・ローランサン 《ばらの女》 1930年 油彩/キャンヴァス マリー・ローランサン美術館 © Musée Marie Laurencin
  • 画像説明マリー・ローランサン 《羽根飾りの帽子の女、あるいはティリア、あるいはタニア》 1924年 油彩/キャンヴァス マリー・ローランサン美術館 © Musée Marie Laurencin
  • 画像説明ジョルジュ・ルパップ 《ガゼット・デュ・ボン・トン》 1913年 ステンシル/紙 島根県立石見美術館
  • 画像説明ガブリエル・シャネル 《帽子》 1910年代 神戸ファッション美術館
  • 画像説明ガブリエル・シャネル 《デイ・ドレス》 1927年頃 神戸ファッション美術館
  • 画像説明マドレーヌ・ヴィオネ 《イブニング・ドレス》 1938年 島根県立石見美術館
  • 画像説明セシル・ビートン 《お気に入りのドレスでポーズをとるローランサン》 1928年頃 マリー・ローランサン美術館 © Musée Marie Laurencin

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
広報用画像1点以上使用し、ご紹介いただいた媒体には、読者プレゼント用ご招待チケット5組10名様分をご提供可能
プレスリリース・画像データの一括ダウンロード
この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。
  • ログインされていない場合は、
    ログインの上、お申込み画面にお進みください。
  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、ARTPR担当者 までご連絡ください。

「マリー・ローランサンとモード」広報事務局
株式会社OHANA