プレスリリース

UPDATE

開館35周年記念 特設展「文学はおいしい」

開催期間会期

山梨県立文学館(山梨県甲府市貢川1-5-35)にて、開館35周年記念 特設展「文学はおいしい」を2024年7月13日(土)より8月25日(日)まで開催いたします。文学作品や作家たちのエピソードには、印象的な食の場面が登場します。作家の食へのこだわりをさぐると、好き嫌いがあったり、思い出の食べ物があったり……。本展では、文学のなかのおいしいシーンを、直筆資料とともに紹介します。

チラシ

この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。

展覧会概要

文学作品や作家たちのエピソードには、印象的な食の場面が登場します。芥川龍之介が夢中になった甲州葡萄、スープ皿に映った富士山を詩にした田中冬二、飯田龍太が贈った甲州の山女魚を絵にした井伏鱒二……。作家の食へのこだわりをさぐると、好き嫌いがあったり、思い出の食べ物があったり……。本展では、文学のなかのおいしいシーンを、直筆資料とともに紹介します。


芥川龍之介 山本喜誉司(きよし)宛書簡(末尾部分) 個人蔵
第一高等学校1年の秋、山梨で行われた行軍演習を終えた後、友人の山本へ宛てた手紙。
山本は府立第三中学校時代の親友で、後に芥川が結婚する塚本文の叔父。
手紙では演習中の様子を伝えた後、追伸には「甲州葡萄の食ひあきを致し候 あの濃き紫に白き粉のふける色と甘き甘き汁の滴りとは僕をして大に甲斐を愛せしめ候」と甲州葡萄に魅了された様子を記している。

幸富講寄せ書き(部分) 1969(昭和44)年7月6日付 山梨県立文学館蔵〈寄託資料〉
飯田龍太が甲州の栃代川で釣り上げた山女魚6尾を白焼きにして、東京の幸富講の仲間へ贈った。これを幸富講の人々が賞味した際に寄せ書きをしたため、龍太へ返礼として贈った。「幸富講(こうふこう)」とは、井伏鱒二を中心とする作家、編集者、建築家などの集まり。
寄せ書きの冒頭には、井伏鱒二が山女魚の絵を描き、「龍太氏給与の山女魚を食らひ廣瀬三郎君の快復を祝ふ会 井伏鱒二」と記している。

飯田龍太「ほうとう」原稿 山梨県立文学館蔵
山梨県の郷土食「ほうとう」についての随想。

田中冬二「富士ビューホテルにて」書 山梨県立文学館蔵〈寄託資料〉
河口湖畔の富士ビューホテルでの朝の食卓の場面をよんだ詩。詩集『葡萄の女』(1966年昭森社)に所収。後日、富士ビューホテル敷地の河口湖畔に文学碑が建てられた。


  • 画像説明芥川龍之介 山本喜誉司(きよし)宛書簡(末尾部分) 個人蔵

  • 画像説明幸富講寄せ書き(部分) 1969(昭和44)年7月6日付 山梨県立文学館蔵〈寄託資料〉

  • 画像説明飯田龍太「ほうとう」原稿 山梨県立文学館蔵

  • 画像説明田中冬二「富士ビューホテルにて」書 山梨県立文学館蔵


そのほかの主な展示資料
・芥川龍之介「芋粥」草稿
・太宰治「斜陽」草稿    
・石井柏亭「葡萄之図」
 与謝野晶子賛「葡萄より甲斐の山見るむらさきの岩の洞にて海を見るごと」軸装
・山崎方代「手の平に豆腐をのせていそいそといつもの角を曲りて帰る」色紙
・飯田龍太「梅漬けの種が真赤ぞ甲斐の冬」額装
・熊王徳平「甲州に生きる」衣食住 原稿
・林真理子「葡萄が目にしみる」原稿
・深沢七郎 今川焼「夢屋」ポスター(横尾忠則画)、焼きだんごや「夢屋」包装紙
・宮沢賢治『注文の多い料理店』1924(大正13)年
・宮沢賢治 保阪嘉内宛書簡 1918(大正7)年5月19日〈寄託資料〉 ほか

開催概要

会期
2024年7月13日(土)〜2024年8月25日(日)
会場 山梨県立文学館
住所 400-0065 山梨県甲府市貢川1-5-35 Google Map
時間
9:00~17:00(入室は16:30まで)
休館日
月曜日(7月15日、8月12日は開館)、7月16日(火)
観覧料
常設展観覧料でご覧いただけます。
一般:330円(260円)、大学生:220円(170円)
*( )内は20名以上の団体料金、県内宿泊者割引料金
*高校生以下の児童・生徒、65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
*障害者手帳をご持参の方、およびその介護をされる方は無料
URL
【山梨県立文学館 公式サイト】
https://www.bungakukan.pref.yamanashi.jp/
SNS
主催 山梨県立文学館
交通アクセス
●中央自動車道甲府昭和インターチェンジより
・料金所を昇仙峡・諏訪方面へ出て200m先を左折、西条北交差点左折、
 アルプス通りを約2km直進、貢川交番前交差点を左折、国道52号を約1km左側。
 (駐車場:乗用車345台、バス16台、障がい者専用6台 いずれも無料)
●JR中央本線甲府駅より
・JR甲府駅バスターミナル(南口)1番乗り場より、39系統 御勅使(みだい)、03・04系統 竜王駅経由敷島営業所、35系統 大草経由韮崎駅、30系統 貢川(くがわ)団地各行きのバスで約15分、「山梨県立美術館」下車。
・タクシーで約15分
●甲府駅までの主な公共交通機関
・JR新宿駅より JR中央本線特急あずさ・かいじで約1時間30分
プレスリリース ダウンロード
ログインしてご利用ください。

関連イベント

消しゴムはんこづくりワークショップ
7月28日(日)午前の部10:00~11:30、午後の部14:00~15:30
講師:アオヤギ ルミ(消しゴムはんこ作家) 会場:研修室
対象:小学4年生以上 定員30名(午前の部15名、午後の部15名)
材料費:500円  
6月25日より電話による申し込み受付、定員になり次第締め切り。 

講座(年間文学講座3)「作家が描いた甲州の食あれこれ」
8月12日(月・振休)14:00~15:10 
講師:高室有子(当館学芸幹) 会場: 研修室(定員60名)
電話で申し込み受付中。定員になり次第締め切り。

閲覧室資料紹介

「たべもの百景」
7月12日(金)~8月25日(日) 
おいしそうな食べ物や料理が登場する文学作品を、図書や雑誌で紹介します。
資料は手に取ってご覧いただけます。
会場:1階閲覧室 *入場無料

広報用画像一覧

  • 画像説明芥川龍之介 山本喜誉司(きよし)宛書簡(末尾部分) 個人蔵
  • 画像説明幸富講寄せ書き(部分) 1969(昭和44)年7月6日付 山梨県立文学館蔵〈寄託資料〉
  • 画像説明飯田龍太「ほうとう」原稿 山梨県立文学館蔵
  • 画像説明田中冬二「富士ビューホテルにて」書 山梨県立文学館蔵〈寄託資料〉
  • 画像説明チラシ

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
プレスリリース・画像データの一括ダウンロード
山梨県立文学館の施設(外観・内観)画像も同時ご提供
この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。
  • ログインされていない場合は、
    ログインの上、お申込み画面にお進みください。
  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、ARTPR担当者 までご連絡ください。