プレスリリース

UPDATE

小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌

開催期間:

東京ステーションギャラリー(東京都千代田区丸の内1-9-1)では、「小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌」を2021年10月9日(土)より11月28日(日)まで開催いたします。小早川秋聲 (こばやかわ・しゅうせい)は、大正から昭和にかけて、京都を中心に活躍した日本画家です。数多く描いた戦争画のなかでも代表作に挙げられる《國之楯(くにのたて)》は深く印象に残る1点です。本展は、初期の歴史画から、初公開の戦争画、晩年の仏画まで、百余点で小早川秋聲の画業を見渡す初めての大規模な回顧展となります。

《長崎へ航く》1931年、個人蔵

この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。

展覧会概要

小早川秋聲 [こばやかわ・しゅうせい、本名・盈麿(みつまろ)/1885~1974(明治18~昭和49)年] は、大正から昭和にかけて、京都を中心に活躍した日本画家です。鳥取のお寺の住職の長男として生まれた秋聲は、9歳で京都の東本願寺の衆徒として僧籍に入りました。その後、画家になることを志し、日本画家の谷口香嶠(こうきょう)や山元春挙(しゅんきょ)に師事、文展や帝展を中心に出品と入選を重ね、画技を磨きます。また、旅を好んだ秋聲は、北海道、山陰、紀州など日本各地を絵に描き、国外では複数回の中国渡航に加え、1922年から23年にかけてアジア、インド、エジプトを経てヨーロッパ十数ヵ国へ遊学。1926年には北米大陸を横断し、日本美術の紹介にも努めました。1931年以降は従軍画家として中国に何度も赴きますが、数多く描いた戦争画のなかでも代表作に挙げられる《國之楯(くにのたて)》は深く印象に残る1点です。本展は、初期の歴史画から、初公開の戦争画、晩年の仏画まで、百余点で小早川秋聲の画業を見渡す初めての大規模な回顧展となります。

1 はじまり 京都での修業時代
光徳寺(鳥取県日野町黒坂)の住職の長男として生まれた秋聲は、母の里である神戸の九鬼子爵邸内で幼少期を過ごし、9歳で東本願寺の衆徒として僧籍に入りました。そして、画家を志し、1901年頃から歴史画を得意とする谷口香嶠(たにぐちこうきょう)(1864~1915)の京都の画塾に通うようになります。《譽之的(ほまれのまと)》は師の教えに忠実な秋聲の技能がうかがえる作品です。1909年、香嶠が教授を務める京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)に入学するものの、すぐに退学して中国へ行き、約1年半、東洋美術を学びました。その後もたびたび中国を訪れ、《回廊》のような、中国の僧侶をモデルにした作品などを描いています。

2 旅する画家 異文化との出会い
1915年、師・香嶠を亡くした秋聲は、次いで山元春挙(やまもとしゅんきょ)に師事。1918~20年に、北海道、山陰、紀州などを旅します。そして、1920年末、中国に渡り、東洋美術の研究等に約1年を費やした後、東南アジア、インド、エジプトを経て、1922年春、ヨーロッパへ。イタリア、ドイツ、オーストリア、ハンガリー、スイス、イギリスなど十数ヵ国を約1年かけて遊学しました。また、1926年には日本美術を紹介する任を負い、北米大陸を4ヵ月間で横断し、展覧会や講演会を開くなどしています。こうした外国での知見をもとに秋聲は《長崎へ航く》など、外国風景を画題に選ぶこともありました。また、この頃、帝展に相次いで大作を発表し、《愷陣(がいじん)》出品以降、帝展無鑑査となりました。

3 従軍画家として 《國之楯》へと至る道
満州事変(1931年)や、盧溝橋事件(1937年)をきっかけに日本は戦争へと突き進み、秋聲は主に従軍画家として、満州、中国へと頻繁に赴くようになります。秋聲は、戦闘シーンや軍人の勇姿、富士山と日の出といった国威発揚の風景画だけでなく、戦地での日常風景も描いていますが、《御旗(みはた)》のような抒情性ある画面が秋聲の戦争画の特徴のひとつです。終戦の1年半前の作である《國之楯(くにのたて)》は、はじめ、横たわる兵士の上に円光がかかり、さらに、その死を美化するように桜の花びらが散らされていたといわれています。しかし、陸軍省から受け取りを拒否され、後に秋聲は背景を黒く塗りつぶしました。その理由は定かではありませんが、改作によって作品の印象は大きく変わったといえるでしょう。

4 戦後を生きる 静寂の日々
戦争画を多く描いた秋聲は、戦後、罪を問われる覚悟の日々を送ったといいます。晩年、体調を崩したこともあり、大規模な展覧会への出品は減り、旅をすることもなくなりました。《天下和順(てんげわじゅん)》には、酒甕の周囲に人々が集まり列をなして踊り興じる様子が画面いっぱいに描かれています。「天下和順」とは天下が治まり平和である状態のことを指しますが、仏典「大無量寿経」にあるこの言葉を秋聲は特に好みました。
1974年、秋聲は88歳で京都で没しました。美術史上で長く忘れられた存在でしたが、近年、従軍画家による戦争画が注目されるなかで秋聲の作品も再評価の機運が高まっています。小早川家所縁の鳥取県にある日南町美術館を中心に今後もさらなる研究が期待されます。

開催概要

会期
2021年10月09日(土)〜2021年11月28日(日)
会場 東京ステーションギャラリー
住所 東京都千代田区丸の内1-9-1 Google Map
時間
10:00~18:00(金曜日~20:00)*入館は閉館30分前まで
休館日
月曜日
※ただし、11月22日(月)開館
入館料
一般1,100円  高校・大学生900円  中学生以下無料
*障がい者手帳等持参の方は 100 円引き(介添者 1 名は無料)
*チケット購入方法の詳細は決まり次第、当館ウェブサイトでお知らせします
*新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催内容が変更になる場合があります
TEL 03-3212-2485
URL
【東京ステーションギャラリー|公式サイト】
http://www.ejrcf.or.jp/gallery
主催 東京ステーションギャラリー[公益財団法人東日本鉄道文化財団]、BS フジ、ライブエグザム
特別協力 京料理 濱登久
協力 日南町美術館
オフィシャルロジスティクスパートナー TERRADA ART ASSIST
巡回先  京都文化博物館(2021/8/7~9/26)、鳥取県立博物館(2022/2/11~3/21)
プレスリリース ダウンロード
ログインしてご利用ください。

広報用画像一覧

  • 画像説明 《長崎へ航く》1931年、個人蔵
  • 画像説明 《微笑》1930~37年頃、個人蔵
  • 画像説明 《未来》1926年、個人蔵
  • 画像説明 《譽之的》明治末期~大正期、個人蔵
  • 画像説明 《回廊》1914年頃、鳥取県立博物館
  • 画像説明 《愷陣》1930年、個人蔵
  • 画像説明 《薫風》左隻、1924年、個人蔵
  • 画像説明 《薫風》右隻、1924年、個人蔵
  • 画像説明 《御旗》1934年、京都霊山護国神社(日南町美術館寄託)
  • 画像説明 《國之楯》1944年、京都霊山護国神社(日南町美術館寄託)
  • 画像説明 《天下和順》1956年、鳥取県立博物館
  • 画像説明 《山を出でます聖》1946年、個人蔵
  • 画像説明
  • 画像説明

内覧会 開催情報

※ 内覧会が開催される展覧会については、ログイン後の画面にて情報のご確認・お申込みが可能です。詳細はログインの上、ご確認ください。

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
掲載媒体には、読者プレゼント用ご招待チケット3組6名様分、5組10名様分のいずれかをご提供可能
プレスリリース・画像データの一括ダウンロード
内覧会お申込み用フォームページあり
東京ステーションギャラリーの施設(外観・内観)画像も同時ご提供
この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。
  • ログインされていない場合は、
    ログインの上、お申込み画面にお進みください。
  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、ARTPR担当者 までご連絡ください。