プレスリリース

UPDATE

滋賀県立美術館開館40周年記念
滋賀の家展

開催期間会期

滋賀県立美術館(滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1)にて、滋賀県立美術館開館40周年記念「滋賀の家展」を2024年7月13日(土)より9月23日(月・振)まで開催いたします。本展は、1960年代の日本の住宅産業と滋賀県の強いつながりから、現代建築家による実践までを紹介します。パンフレット、模型、図面、写真といった、建築展ならではの資料だけでなく、家具や、建築家や施主のインタビュー映像などの展示により、建築に専門的な関心を持つ人だけでなく、滋賀で生活する人や、今まさに滋賀で生活することについて関心を持つ人にとって、「滋賀の家」と、私たちの未来の生活や環境を考えるきっかけになれば幸いです。

池田隆志+池田貴子 design it《和邇のコート・ハウス》 2020年 撮影:Hiroyuki Hirai

この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。

展覧会概要

「滋賀県」という視点で「家」を考えてみると、面白いことがいくつもあがってきます。
たとえば1961年以降、日本を代表するいくつものハウスメーカーがプレハブ工場を設置しています。また、惜しくも2022年に解体された、黒川紀章設計の中銀カプセルタワービルの「カプセル」は、米原市内の工場で制作されたもの。
その意味では(部分的にであれ)Made in Shiga の建築だったとも言えます。そして、滋賀県は面積の半分を森林が、6分の1を琵琶湖が占めるという特徴的な地形ゆえ、多様な暮らしのかたちを見ることができる場所なのです。

本展は、1960年代の日本の住宅産業と滋賀県の強いつながりから、現代建築家による実践までを紹介します。パンフレット、模型、図面、写真といった、建築展ならではの資料だけでなく、家具や、建築家や施主のインタビュー映像なども展示するので、建築に専門的な関心を持つ人だけでなく、滋賀で生活する人や、今まさに滋賀で生活することについて関心を持つ人にとって、興味深いものになるはずです。
本展が、「滋賀の家」と、私たちの未来の生活や環境を考えるきっかけになれば幸いです。

小さなお子さんがいる、障害があるなど、様々な理由で来館を迷っている方へ
当館では、しーんと静かにする必要はなく、おしゃべりしながら過ごしていただけます。目が見えない、見えづらいなどの理由でサポートをご希望される場合や、そのほかご来館にあたっての不安をあらかじめお伝えいただいた際には、事前の情報提供や当日のサポートのご希望に、可能な範囲で対応します。

開催概要

会期
2024年7月13日(土)〜2024年9月23日(月・振)
会場 滋賀県立美術館
住所 520-2122 滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1 Google Map
時間
9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日
月曜日[ただし祝休日の場合には開館し、翌日火曜日休館]
入場料
一般1200円(1000円)、高大生800円(600円)、小中生600円(450円) ※2024年8月は大学生以下は無料でご覧いただけます。
*同時開催中の常設展もご覧いただけます。
*( )内は20名以上の団体料金 *身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳をお持ちの方は無料 *お支払いは現金のみとなりますので、ご注意ください。
TEL 077-543-2111
URL
【滋賀県立美術館 ウェブサイト】
https://www.shigamuseum.jp/
SNS
主催 滋賀県立美術館、京都新聞 特別協力:株式会社木の家専門店 谷口工務店、BBCびわ湖放送
後援 エフエム京都
助成 公益財団法人朝日新聞文化財団
企画 三宅敦大(滋賀県立美術館学芸員)
アクセス
【公共交通機関をご利用の場合】:JR琵琶湖線(東海道本線) 「瀬田駅」(京都駅から普通電車で約17分) (京阪電車は「京阪石山駅」からJR乗換え)下車、「大学病院」行きの バスに乗車(約10分)、「県立図書館・美術館前」または「文化ゾーン前」下車(便によって停まるバス停が異なります)、美術館までは徒歩約5分
【お車をご利用の場合】:新名神高速「草津田上インター」から約5分、びわこ文化公園駐車場(無料・3か所)利用、美術館までは徒歩約5分
※お身体の不自由な方は、びわこ文化公園東駐車場の有人ゲートからお車を乗り入れて、美術館までお越しいただけます。
プレスリリース ダウンロード
ログインしてご利用ください。

イベント情報

学芸員によるギャラリーツアー
「滋賀の家展」について担当学芸員と一緒に展示室を回っていきます。

スペシャルトーク ※要事前申込
展覧会で紹介している建築家を招いてのトークイベントを開催予定です。

たいけんびじゅつかん ※要事前申込
会期中、以下の日程にて小中学生と保護者の方を対象とした、展覧会の鑑賞と創作体験がセットになったワークショップ を開催します。
8月25日(日)/ 9月22日(日)

滋賀県立美術館開館40周年記念祭
開館40周年を記念し、8月25日(日)はいろいろなワークショップが楽しめる「アートにどぼん!フェスティバル」と「ナイトミュー ジアム」などを実施予定です。

*詳細な情報については、後日にウェブサイトで公開をしますので、そちらをご確認く ださい。

広報用画像一覧

  • 画像説明池田隆志+池田貴子 design it《和邇のコート・ハウス》 2020年 撮影:Hiroyuki Hirai
  • 画像説明沖種郎・利昌工業株式会社《フローラ》1972 年 画像提供:利昌工業株式会社
  • 画像説明黒川紀章《中銀カプセルタワービル》1972 年/現存せず 撮影:大橋富夫
  • 画像説明畑友洋《大津の家》2016 年 撮影:矢野紀行
  • 画像説明牧祐子|Studio Yuko Maki《大津の住宅》2017 年 撮影:山内紀人
  • 画像説明竹口健太郎+山本麻子|アルファヴィル《Skyhole》2014 年 撮影:笹倉洋平
  • 画像説明川井操・美和絵里奈《足軽屋敷プロジェクト》2019 年-進行中 撮影:金川晋吾
  • 画像説明木村吉成+松本尚子|木村松本《house M / factory T》2023 年 画像提供:木村松本建築設計事務所
  • 画像説明伊礼智《におの浜の家》2022 年 画像提供:株式会社 木の家専門店 谷口工務店
  • 画像説明竹原義二|無有建築工房《鶴の里の家》2016 年 撮影:絹巻豊
  • 画像説明滋賀県立美術館外観(撮影:大竹央祐)
  • 画像説明滋賀県立美術館エントランスロビー(撮影:大竹央祐)
  • 画像説明
  • 画像説明

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
掲載媒体には、読者プレゼント用ご招待チケット1組2名様分、2組4名様分、3組6名様分、5組10名様分、10組20名様分のいずれかをご提供可能
プレスリリース・画像データの一括ダウンロード
滋賀県立美術館の施設(外観・内観)画像も同時ご提供
この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。
  • ログインされていない場合は、
    ログインの上、お申込み画面にお進みください。
  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、ARTPR担当者 までご連絡ください。