プレスリリース

UPDATE

土方久功と柚木沙弥郎
熱き体験と創作の愉しみ

開催期間会期
※掲載申込み受付終了

世田谷美術館の収蔵品を中心に、彫刻家・土方久功と染色家・柚木沙弥郎の作品をご紹介します。土方久功は、考古学や民族学への関心を背景に、原始的な生活文化がのこるミクロネシアに憧れ、パラオ諸島へわたりました。木彫レリーフをはじめとした作品には、現地での暮らしや人々へのあたたかいまなざしが見てとれます。柚木沙弥郎は20代から染色家として活動し、2022年に100歳をむかえました。身近な日常にアイディアの源をもつ大胆で力強い造形は、多くの人を魅了しています。立体や平面、絵本まで幅広い表現で創作を展開している土方と柚木。不思議に響きあうふたりの創造の世界を、ゆっくりお楽しみください。