報道関係者各位

プレスリリース

UPDATE

Tokyo Contemporary Art Award
2020-2022 受賞記念展

東京都現代美術館 企画展示室 3F

開催期間:

東京都とトーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)は、2018 年より中堅アーティストを対象に、受賞から複数年にわたる継続的支援によって更なる飛躍を促すことを目的とした現代美術の賞「Tokyo Contemporary Art Award(TCAA)」を実施しています。この度、第2回となる「TCAA 2020-2022」受賞者の藤井光と山城知佳子による、受賞記念展を2022年3月19日(土)から6月19日(日)まで、東京都現代美術館にて開催します。また、展覧会開幕にあわせ、各受賞者の過去作から最新作までを掲載したモノグラフ(日英)を発行します。

この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。

展覧会概要

東京都現代美術館で開催する本受賞記念展は、第2回となる「TCAA 2020-2022」受賞者の藤井光と山城知佳子による作品を個展形式で展示します。
藤井は、国内外の歴史的事象について実証的に検証しつつ、常に現在の視点を持ち込むことで同時代の社会課題に対する応答を試みてきました。本展では、戦後の、絵画をめぐる議論をアメリカ占領軍が残した公文書から考察する新作を発表します。
山城は、これまで出身地の沖縄を主題に制作してきました。制作過程で、次作のビジョンが見えるという山城は、沖縄でのリサーチを軸にした新作と、それに繋がる過去作品を展示します。

◆ 参加作家/略歴
藤井 光 | FUJII Hikaru
1976 年東京都生まれ。東京都を拠点に活動。
紛争や事故などの厄災に起因する、あるいはそれにより顕在化した社会構造の不条理を主題に映像インスタレーションを制作する。藤井が設定した、史実にもとづいた出来事の再演や実際的な議論の場をとおして、その主題が我々の日常に潜む諸問題と地続きであることを示す。
近年の主な展覧会等に、個展「特別企画 藤井光 爆撃の記録」(原爆の図丸木美術館、埼玉、2021)、「3.11 とアーティスト:10 年目の想像」(水戸芸術館現代美術ギャラリー、2021)、「もつれるものたち」(東京都現代美術館、2020)、個展「核と物」(KADIST、パリ、2019)、「あいちトリエンナーレ 2019:情の時代」(名古屋市美術館)、個展「第一の事実」(ISCP、ニューヨーク、2018)、「カタストロフと美術のちから」(森美術館、東京、2018)など

展覧会へよせて 作家コメント
マイクロフィルムに記録されたアメリカ公文書を顕微鏡で観ている毎日を過ごしています。傷みの激しい 1cm ほどの単なる長方形なのですが、そこには占領軍が撮影した日本の戦争記録画の写真や接収したそれらをどうすればいいのか判断できない GHQ の姿がぼんやりと見えてきます。TCAA から支援していただく予定だった東南アジアへのリサーチは新型コロナウイルスの流行のため断念しましたが、かつて日本人の画家たちによって描かれた戦場のアジアを旅しています。

山城知佳子 | YAMASHIRO Chikako
1976 年沖縄県生まれ。
出身地の沖縄を舞台に映像や写真を制作。地理的要因により独自の歴史や文化を持つ沖縄の、戦争の継承や戦後の政治的構造について、時には自身も被写体となり、肉体や声など、身体を通じて問題提起する。また、物語性を取り入れることで新たな視座で沖縄を捉え、壮大さと普遍性を獲得している。
近年の主な展覧会等に、「山城知佳子 リフレーミング」(東京都写真美術館、2021)、「話しているのは誰?現代美術に潜む文学」(国立新美術館、東京、2019)、「京都国際舞台芸術祭」展示「土の人」、パフォーマンス《あなたをくぐり抜けて―海底でなびく 土底でひびく あなたのカラダを くぐり抜けて―》(京都芸術センター、2018)、個展「Shapeshifter」(White Rainbow、ロンドン、2018)など。

展覧会へよせて 作家コメント
小さな命を授かり見つめるだけで過ぎてゆく時間をコロナ禍で過ごし、TCAA受賞で支援されるはずの海外リサーチは行えなかった。しかし私にとって移動せず、同じ場所に居続けることがこれまで以上に重要で至極必要な時間であった。自分が変容し流動する状態をじっくり味わうことが出来たことは幸運だった。今年から移動が多くなり、世界を認知するフレームがこれまでと違ってきていることに気づいている。新たに構成され生成する世界を敏感に感受し、人間が変わっていくことを恐れずひとつひとつを未来に繋げて選択できるように思索したい。

◆ モノグラフについて
作品画像のほか、作品や制作についての作家の文章、専門家による寄稿を掲載したモノグラフ(日英)を展覧会開幕に合わせ、作家ごとに発行します (非売品) 。なお、モノグラフの一部を 2022 年 3 月下旬頃に PDF データとして ウェブサイト で公開予定です。

◆ Tokyo Contemporary Art Award(TCAA)について
Tokyo Contemporary Art Award(TCAA)は、2018 年に東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 トーキョーアーツアンドスペースによって創設された、海外での展開も含め、更なる飛躍とポテンシャルが期待できる国内の中堅アーティストを対象とした現代美術の賞です。
アーティストのキャリアにとって最適な時期に最善の支援内容を提供する必要性を重視し、受賞者の選考は、選考委員によるアーティストのリサーチやスタジオ訪問により、制作の背景や作品表現、キャリアステージへの理解を深めた上で行われます。
受賞者に対しては、海外での活動支援のほか、東京都現代美術館での展覧会およびモノグラフ(日英)の作成など、複数年に渡る継続的な支援を行います。

【受賞者】
第 1 回 TCAA2019-2021 風間サチコ / 下道基行
第 2 回 TCAA2020-2022 藤井 光 / 山城知佳子
第 3 回 TCAA2021-2023 志賀理江子 / 竹内公太

◆ TCAA 2020-2022 について
【支援内容】
1)賞金 300万円
2)海外での制作活動支援上限 100万円(旅費、滞在費、調査制作費等)
3)展覧会実施(東京都現代美術館での展示)
4)モノグラフ(作品集)の作成(上記 3)の展示にあわせて制作)

【選考委員 ※肩書は 2019 年選考会実施当時のもの】
神谷幸江 (ジャパン・ソサエティー、ニューヨーク ギャラリー・ディレクター)
住友文彦 (アーツ前橋 館長/東京藝術大学大学院 准教授)
ドリュン・チョン (M+ 副館長兼チーフ・キュレーター)
マリア・リンド (キュレーター、ライター、エデュケーター)
キャロル・インハ・ルー (北京中間美術館 ディレクター)
近藤由紀 (トーキョーアーツアンドスペース プログラムディレクター
(公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館トーキョーアーツアンドスペース事業課長)

ダウンロードファイル

ファイル概要:PRESS RELEASE ENGLISH

ログインしてご利用ください。

開催概要

会期
2022年3月19日(土)〜2022年6月19日(日)
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況により、変更等が生じる場合があります。
会場 東京都現代美術館 企画展示室 3F
住所 東京都江東区三好四丁目1番1 Google Map
時間
10:00〜18:00
休館日
月曜日(3月21日は開館)、3月22日
観覧料
無料
URL
https://www.tokyocontemporaryartaward.jp
主催 東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーアーツアンドスペース・東京都現代美術館
出展作家 藤井 光、山城知佳子
プレスリリース ダウンロード
ログインしてご利用ください。

出展作家によるアーティスト・トーク

藤井光、山城知佳子によるアーティスト・トークをそれぞれ以下のとおり開催します。

■藤井 光 
開催日:2022年4月23日 (土) 14:00-15:30
出 演:藤井 光、河田明久(美術史家、千葉工業大学教授)
会 場:東京都現代美術館 地下2階講堂(江東区三好4-1-1)

■山城知佳子
開催日:2022年5月22日 (日) 15:00-16:30
出 演:山城知佳子、港千尋(写真家、映像人類学者、多摩美術大学教授)
会 場:東京都現代美術館 地下2階講堂

※入場無料・要事前申込・先着順。
※新型コロナウイルス感染症の状況により、変更等が生じる場合があります。

詳細はTCAAウェブサイトよりご確認ください。
https://www.tokyocontemporaryartaward.jp/exhibition/exhibition_2020_2022.html#event

<申込方法>
出席をご希望の方は、各開催日前日までにメールでtcaa@tokyoartsandspace.jp へ貴社名、媒体名、名前、電話番号、出席人数、参加イベントをご記載のうえ、件名を「TCAAアーティスト・トーク」としてお申し込みください。作家への取材をご希望の方は、事前にお知らせください。
※TCAAウェブサイト、展覧会ページ内の予約フォームは一般の方向けです。
プレスの方はメールにてお申し込みください。

広報用画像一覧

  • 画像説明 藤井 光《解剖学教室》「もつれるものたち」展示風景、東京都現代美術館、2020
  • 画像説明 藤井 光《核と物》2019
    写真:椎木静寧
  • 画像説明 藤井 光 ポートレイト
  • 画像説明 山城知佳子《肉屋の女》2012 年版、3チャンネル・ヴィデオ・インスタ
    レーション
    ⓒ Chikako Yamashiro, Courtesy of Yumiko Chiba Associates
  • 画像説明 山城知佳子《チンビン・ウェスタン 家族の表象》2019、シングル・
    チャンネル・ヴィデオ&サウンド・インスタレーション
    ⓒ Chikako Yamashiro, Courtesy of Yumiko Chiba
    Associates
  • 画像説明 山城知佳子 ポートレイト
    ⓒRyudai Takano
  • 画像説明
  • 画像説明
  • 画像説明
  • 画像説明 藤井 光《日本の戦争画》2022「Tokyo Contemporary Art Award 2020-2022 受賞記念展」展示風景、東京都現代美術館、2022
    Photo:髙橋健治 画像提供:トーキョーアーツアンドスペース
  • 画像説明 藤井 光《日本の戦争美術》2022「Tokyo Contemporary Art Award 2020-2022 受賞記念展」展示風景、東京都現代美術館、2022
    Photo:髙橋健治 画像提供:トーキョーアーツアンドスペース
  • 画像説明 藤井 光《日本の戦争画》2022「Tokyo Contemporary Art Award 2020-2022 受賞記念展」展示風景、東京都現代美術館、2022
    Photo:髙橋健治 画像提供:トーキョーアーツアンドスペース
  • 画像説明 藤井 光《日本の戦争画》2022「Tokyo Contemporary Art Award 2020-2022 受賞記念展」展示風景、東京都現代美術館、2022
    Photo:髙橋健治 画像提供:トーキョーアーツアンドスペース
  • 画像説明 藤井 光《日本の戦争画》2022「Tokyo Contemporary Art Award 2020-2022 受賞記念展」展示風景、東京都現代美術館、2022
    Photo:髙橋健治 画像提供:トーキョーアーツアンドスペース
  • 画像説明 山城知佳子《チンビン・ウェスタン 家族の表象》2019「Tokyo Contemporary Art Award 2020-2022 受賞記念展」展示風景、東京都現代美術館、2022
    Photo:髙橋健治 画像提供:トーキョーアーツアンドスペース
  • 画像説明 山城知佳子《彼方(Anata)》2022「Tokyo Contemporary Art Award 2020-2022 受賞記念展」展示風景、東京都現代美術館、2022
    Photo:髙橋健治 画像提供:トーキョーアーツアンドスペース
  • 画像説明 山城知佳子《肉屋の女》2012年版「Tokyo Contemporary Art Award 2020-2022 受賞記念展」展示風景、東京都現代美術館、2022
    Photo:髙橋健治 画像提供:トーキョーアーツアンドスペース
  • 画像説明 山城知佳子《肉屋の女》2012年版「Tokyo Contemporary Art Award 2020-2022 受賞記念展」展示風景、東京都現代美術館、2022
    Photo:髙橋健治 画像提供:トーキョーアーツアンドスペース

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
プレスリリース・その他ファイル・画像データの一括ダウンロード
この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。
  • ログインされていない場合は、
    ログインの上、お申込み画面にお進みください。
  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、ARTPR担当者 までご連絡ください。

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館
トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)