プレスリリース

UPDATE

軽井沢安東美術館 開館記念企画

このたび自然豊かな軽井沢の地に、藤田嗣治(レオナール・フジタ)だけを収蔵、常設展示する美術館として「軽井沢安東美術館」を開館する運びとなりました。つきましては、開館記念企画を2022年10月8日(土)より開催いたします。当館では、藤田の代名詞ともいえる「乳白色の下地」の裸婦が誕生したパリ時代から、その後日本や中南米の旅を経てふたたびパリに戻り、洗礼を受けてレオナール・フジタとなった晩年まで、その数奇な運命に翻弄されながらも一人の芸術家として時代を駆け抜けた藤田の物語と珠玉の作品群、約150点をご紹介いたします。

軽井沢安東美術館 展示室

この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。

日本初・藤田嗣治だけを常設展示する個人美術館が誕生

軽井沢安東美術館は2022年10月8日、いよいよオープンを迎えます。
当館は、多くの企業再生に携わってきた代表理事の安東泰志と妻・恵夫妻が長年収集し、自邸に大切に飾ってきた藤田の作品約180点を所蔵しています。藤田が生涯描き続けたモティーフの「少女」「猫」「聖母子」の絵画を中心に、初期の貴重な風景画や藤田の代名詞ともいえる乳白色の裸婦、みずから装飾した家具や食器といった手仕事まで、藤田作品だけを広範に展示する日本で唯一の個人美術館の誕生です。

開館記念企画として、所蔵主要作品ほぼ全てを展示

開館を記念し、オープン企画では当館所蔵作品約180点から、ほぼ全ての主要作品を展示。当館コレクションの全貌を概観できるまたとない機会となります。また、通常美術館では藤田作品とともに写真が撮影できる機会はほぼありませんが、今回の展示ではフランスの藤田財団の全面協力のもと、展示室5を撮影可能スポットとしました。この特別な期間に限り、当館での思い出を持ち帰っていただけます。
*今後も随時、企画展を開催予定です。詳細は決定次第、ご案内申し上げます。

展示のコンセプトについて

渡仏~スタイルの模索から乳白色の下地へ
1913年にフランスに渡った藤田は、さまざまなスタイルを模索しながら、やがてヨーロッパ中を席巻した「素晴らしき乳白色の下地」を完成させます。ここでは安東コレクションのなかでもとくに初期の作品を中心に、渡仏後のパリを描いた風景画や、藤田の代名詞とも言える透き通るような「乳白色の下地」による裸婦、晩年につながる宗教や子どもをモティーフとした肖像画など、貴重な作品の数々を展示します。

旅する画家~中南米、日本、ニューヨーク
1931年、藤田は新しい恋人のマドレーヌを伴い、パリを離れて中南米へと向かいます。ヨーロッパ人ともアジア人ともちがう陰影に富んだ風貌と現地の色彩豊かな風俗にすっかり魅せられて、その画面を彩る筆致と色彩は変貌をとげることになりました。ここでは、旅をテーマにした作品とともに、その後日本に帰国して、近づく戦争の足音に呼応するように時代の激流に巻き込まれていく藤田の足跡を紹介します。

ふたたびパリへ~信仰への道
1950年、ニューヨーク経由でフランスに戻った藤田は、懐かしいパリの風景や少女たちの絵を描きはじめます。戦争による挫折を味わい、二度と日本には戻らないと決意した藤田が選んだのは、フランス人レオナール・フジタとして生きる道でした。画題はやがて無垢なる少女から清らかな聖女、あたかもイコンのような聖母子像へと変わっていきます。安東コレクションのクライマックスともいえる、荘厳で静謐な宗教画の世界を紹介します。

少女と猫の世界
安東コレクションのスタートは、安東夫妻が手にした一枚の版画でした。そこに描かれた可愛らしい猫に心惹かれて、コレクションの形成が始まりました。「少女」と「猫」がずらりと並んだこの部屋は、まさに美術館のコンセプトでもある「安東邸を再現」した展示室です。座り心地の良いソファでくつろぎ、藤田の作品をゆっくり鑑賞していただきたい̶そんな安東夫妻の長年の想いが実現しました。藤田財団からの特別な許可により、開館から半年間にかぎってこの展示室は自由に撮影をしていただけます。

藤田嗣治について

パリに最も愛された日本人画家
藤田嗣治(ふじたつぐはる / レオナール・フジタ 1886年11月27日~1968年1月29日)
1913年に渡仏。「乳白色の下地」の裸婦で1920年代のヨーロッパ画壇を席巻し、時代の寵児となった藤田は、戦前のパリで成功した数少ない日本人画家の一人です。数奇な運命に翻弄されますが、晩年はフランス人レオナール・フジタとして穏やかな生活を営みました。

藤田嗣治作品は、著作権で保護されており、ご利用は以下の場合に限られますので、ご注意の上、お申込みください。下記4点の広報用画像はすべて、【紙媒体での掲載】のみ【400文字以内】の紹介記事でご掲載の場合に、ご利用いただけます(当館が一括して著作権使用許諾済み)。 画像は名刺大以下のサイズでご使用ください。※WEB媒体でのご掲載にあたっては著作権処理のご対応(著作権料お支払い含む)が必要となります。画像掲載をご希望の際には、広報お問合せ先まで、ご連絡ください。

画像説明 画像説明 画像説明 画像説明
(画像左から)《金地の聖母》 1960 油彩・キャンバス 軽井沢安東美術館、《パリの屋根の前の少女と猫》 1955 油彩・キャンバス 軽井沢安東美術館、《正面を向く猫》 1930 油彩・キャンバス 軽井沢安東美術館、《青空の少女》 1954 油彩・キャンバス 軽井沢安東美術館
© Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2022 E4765

開催概要

会場 軽井沢安東美術館
住所 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東43番地10 Google Map
時間
10月8日は 13:00 から開館となります。
4–10 月 10:00–17:00 / 11–3 月 10:00–16:00
休館日
水曜日(祝日の場合は開館。翌日が休館となります)
*年末年始、2 月にメンテナンス休館期間があります。
観覧料
一般 2,000 円/高校生以下 1,000 円/未就学児無料
*その他各種割引あります。
TEL 0267-42-1230
URL
【軽井沢安東美術館|公式サイト】
https://www.musee-ando.com/
SNS
交通アクセス  JR 軽井沢駅より徒歩 8 分
*開館時間、休館日、観覧料、イベントなどの情報について、詳しくは美術館の公式サイトをご確認ください。
プレスリリース ダウンロード
ログインしてご利用ください。



広報用画像一覧

  • 画像説明 軽井沢安東美術館 展示室
  • 画像説明 《金地の聖母》 1960 油彩・キャンバス 軽井沢安東美術館
    © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2022 E4765
    ※【紙媒体での掲載】のみ【400文字以内】の紹介記事でご掲載の場合に、ご利用いただけます。 ※WEB媒体でのご掲載にあたっては著作権処理のご対応(著作権料お支払い含む)が必要となります。ご希望の際には、広報お問合せ先までご連絡ください。
  • 画像説明 《パリの屋根の前の少女と猫》 1955 油彩・キャンバス 軽井沢安東美術館
    © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2022 E4765
    ※【紙媒体での掲載】のみ【400文字以内】の紹介記事でご掲載の場合に、ご利用いただけます。 ※WEB媒体でのご掲載にあたっては著作権処理のご対応(著作権料お支払い含む)が必要となります。ご希望の際には、広報お問合せ先までご連絡ください。
  • 画像説明 《正面を向く猫》 1930 油彩・キャンバス 軽井沢安東美術館
    © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2022 E4765
    ※【紙媒体での掲載】のみ【400文字以内】の紹介記事でご掲載の場合に、ご利用いただけます。 ※WEB媒体でのご掲載にあたっては著作権処理のご対応(著作権料お支払い含む)が必要となります。ご希望の際には、広報お問合せ先までご連絡ください。
  • 画像説明 《青空の少女》 1954 油彩・キャンバス 軽井沢安東美術館
    © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2022 E4765
    ※【紙媒体での掲載】のみ【400文字以内】の紹介記事でご掲載の場合に、ご利用いただけます。 ※WEB媒体でのご掲載にあたっては著作権処理のご対応(著作権料お支払い含む)が必要となります。ご希望の際には、広報お問合せ先までご連絡ください。

内覧会 開催情報

※ 内覧会が開催される展覧会については、ログイン後の画面にて情報のご確認・お申込みが可能です。詳細はログインの上、ご確認ください。

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
プレスリリース・画像データの一括ダウンロード
内覧会お申込み用フォームページを後日ご連絡
軽井沢安東美術館の施設(外観・内観)画像も同時ご提供
この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。
  • ログインされていない場合は、
    ログインの上、お申込み画面にお進みください。
  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、ARTPR担当者 までご連絡ください。