プレスリリース

UPDATE

再開記念展 松岡コレクションの真髄

開催期間:

松岡美術館(東京都港区白金台5-12-6)は、所蔵作品の修復調査、設備点検の長期休館を経て、いよいよ約2年8か月ぶりに再開いたします。再開を飾る「再開記念展 松岡コレクションの真髄」では、当館を代表する珠玉の作品を一堂にご覧いただきます。また、東洋陶磁は蒐集エピソードを添えて購入順にご紹介し、美術館の歴史を振り返ります。日本画は横山大観、渡辺省亭らの花鳥画を中心とし、鏑木清方の美人画や、修復後初出品となる重要文化財 伝 周文《竹林閑居図》を3月8日(火)から展示。また、新たに加わったローマ時代《アルテミス》の常設展示にあわせて、古代ギリシア・ローマの大理石彫刻8点を出品します。

青花龍唐草文天球瓶 明時代 永楽期 景徳鎮窯

この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。

展覧会概要

初代館長であり、美術館の創設者である松岡清次郎は若いころから書画骨董を愛し、生涯をかけて一大コレクションを築きました。自らの感性のおもむくまま、時には「日本にまだないものを」と選び抜かれた美術品は、1800件あまりを数えます。今回は約2年8か月ぶりの再開を記念して、松岡コレクション屈指の名品をご紹介します。古代ギリシア・ローマの彫像から昭和の絵画作品まで、時を超え、洋の東西を越えた清次郎の美の世界をお愉しみください。

■ 企画展1「館蔵 東洋陶磁名品選 松岡清次郎の志をたどる」
本展では、コレクションの3割を占める陶磁器作品の中から、選りすぐりの東洋陶磁を購入順に出品し、蒐集の歴史を振り返ります。清次郎のお気に入りであった古九谷を含む日本陶磁をはじめ、稀有な作例である首を下げた三彩馬など唐時代から清時代の中国陶磁を中心に、40数件をご紹介します。また、数奇な運命を経て清次郎の手中に収まり、美術館設立の決定打となった《青花龍唐草文天球瓶》《青花双鳳草虫図八角瓶》は、約7年ぶりの同時出品となります。

■ 企画展2「館蔵 日本画 花鳥風月」
日本では、古くから花を愛で、鳥の声に耳をすまし、季節の風物を慈しむ心を大切にしてきました。
本展では清次郎が特に気に入っていた横山大観《梅花》をはじめとして、花鳥風月に美を見出した日本画をご紹介します。
室町水墨画から、江戸時代の酒井抱一、近現代の渡辺省亭、川合玉堂、鏑木清方、山口蓬春らによる名品で四季のうつろいをお愉しみ下さい。
後期展示予定の 重要文化財 伝 周文《竹林閑居図》は、2年に渡る修復を経て初めての出品です。

■ 企画展3「古代ギリシア・ローマ大理石彫刻展」
このほど新たに常設展示となる《アルテミス》にあわせて、展示室1では古代ギリシア・ローマの大理石彫刻8点を出品します。個性豊かな神々や彫像に刻された人物を通して、古代西洋の息吹をお届けできれば幸いです。

■ 常設展示
古代オリエント美術
ガンダーラ・インド彫刻
ヨーロッパ近代彫刻(ブールデル、ヘンリー・ムア、エミリオ・グレコ)

本展の見どころ

1.当館開館のきっかけとなる、景徳鎮窯の希代の名品を再開記念展でお披露目
初代館長 松岡清次郎が、1974年4月にサザビーズが開いたロンドンのオークションに出向いてから入手までの貴重なエピソードもご紹介します。
(詳細は、プレスリリース資料をご参照ください。)

2.横山大観、酒井抱一、渡辺省亭、鏑木清方ら日本画の名品で紹介する四季のうつろい
日本画は、横山大観、渡辺省亭らの花鳥画を中心とし、鏑木清方の美人画のほか、江戸時代の酒井抱一など名品の数々が一堂に。

3.約600年前の風合いを湛えたまま、美しくよみがえった日本の宝。重要文化財 伝 周文《竹林閑居図》
賛に「周文」の名が記された稀有な作品。修復調査により、本作品の本紙料紙及び肌裏紙はともに竹紙であることが判明しました。
(詳細は、プレスリリース資料をご参照ください。)

4.日本においては希少な古代ギリシア・ローマの大理石彫刻8点を出品
一階ロビースペースに、ローマ時代の《アルテミス》を新たに常設展示しました。《ゼウス》《アフロディテ》《ミネルヴァ》とあわせて、国内では中々見る機会のない古代ギリシア・ローマ彫刻群をぜひご覧ください。

開催概要

会期
2022年01月26日(水)〜2022年04月17日(日)
会場 松岡美術館
住所 東京都港区白金台5-12-6 Google Map
時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
第1金曜日 10:00~19:00(入館は18:30まで)
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
観覧料
一般1,200円/25歳以下500円(10名以上の団体は各100円引)
高校生以下、障がい者手帳をお持ちの方 無料
TEL 03-5449-0251
URL
松岡美術館 公式サイト
https://www.matsuoka-museum.jp/
SNS
交通案内・東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金台駅」1番出口から徒歩7分
・JR「目黒駅」東口から徒歩15分
・都営バス「目黒駅」東口バスターミナル2番のりば
 黒77:千駄ヶ谷駅前行 橋86:東京タワー行・赤羽橋駅前行・新橋駅前行、「東大医科研病院西門」下車 徒歩1分
※会期・開館情報は状況により変更になることがあります。
最新情報は、美術館のホームページツイッターをご覧ください。
プレスリリース ダウンロード
ログインしてご利用ください。

イベント・講演会・グッズ・コラボ情報

[ギャラリートーク]
当面の間、開催を見合わせます。開催が確定次第、当館ウェブサイトにてお知らせします。

広報用画像一覧

  • 画像説明 青花龍唐草文天球瓶 明時代 永楽期 景徳鎮窯
  • 画像説明 青花双鳳草虫図八角瓶 元時代 14世紀 景徳鎮窯
  • 画像説明 釉裏紅牡丹文大盤 明時代 景徳鎮窯
  • 画像説明 釉裏紅芭蕉文水注 明時代洪武期 景徳鎮窯
  • 画像説明 三彩馬 唐時代
  • 画像説明 色絵芭蕉柳図輪花鉢 江戸時代 17世紀
  • 画像説明 伝 周文《竹林閑居図》
    後期展示 3/8(火)~4/17(日)
  • 画像説明 横山 大観《梅花》
    前期展示 1/26(水)~3/6(日)
  • 画像説明 渡辺 省亭《藤花游鯉之図》
    前期展示 1/26(水)~3/6(日)
  • 画像説明 渡辺 省亭《青梅に雀の図》
    前期展示 1/26(水)~3/6(日)
  • 画像説明 渡辺 省亭《桜にやまどりの図》
    後期展示 3/8(火)~4/17(日)
  • 画像説明 渡辺 省亭《寒菊図》
    後期展示 3/8(火)~4/17(日)
  • 画像説明 アルテミス ローマ時代 1-2世紀頃
  • 画像説明 アフロディテ像頭部 ヘレ二ズム期 紀元前3世紀
  • 画像説明
  • 画像説明

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
広報用画像1点以上使用し、ご紹介いただいた媒体には、読者プレゼント用ご招待チケット5組10名様分をご提供可能
プレスリリース・画像データの一括ダウンロード
松岡美術館の施設(外観・内観)画像も同時ご提供
この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。
  • ログインされていない場合は、
    ログインの上、お申込み画面にお進みください。
  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、ARTPR担当者 までご連絡ください。