プレスリリース

UPDATE

カラーフィールド
色の海を泳ぐ

開催期間:
※掲載申込み受付終了

このたび、DIC川村記念美術館は、カナダのデイヴィッド・マーヴィッシュ・ギャラリーの協力を得て、本邦初の「カラーフィールド」展を開催します。1950年代末から60年代にかけて、大きなカンヴァスに色彩を広げて「場」をつくる抽象絵画の潮流「カラーフィールド」がアメリカを中心に発展し、その後の美術にも影響を与えました。本展では、カラーフィールド関連の9作家を取り上げ、おもに1960年代以降に制作された約50作品を展観します。作家たちの色彩との格闘と新たな技法の開拓、色彩の持つ無限の可能性に目を向ける機会となれば幸いです。

フリーデル・ズーバス《捕らわれたフェニックス》1982年
オードリー&デイヴィッド・マーヴィッシュ蔵
© 2022 Friedel Dzubas / ARS, New York / JASPAR, Tokyo G2749

この展覧会の広報用データのお申込みは
終了しました。

展覧会概要

カラーフィールドは1950年代後半から60年代にかけてアメリカを中心に発展した抽象絵画の傾向です。
大きなカンヴァス一面に色彩を用いて場(=フィールド)を創出させることで、広がりある豊かな画面を作り出しました。

本展は、このカラーフィールド作品の収集で世界的に知られるマーヴィッシュ・コレクションより、関連する作家9名に焦点をあて、1960年代以降の出色の作品を紹介する本邦初の展覧会です。彼らは、色彩と絵画の関係を各々の方法で模索し、その過程で多くの作家が独自の描画に至りました。変形的な外形を持つシェイプト・カンヴァスの使用や、絵具をカンヴァスに染み込ませるステイニング技法、あるいはスプレーガンの噴霧で色を蒸着させる画法など、従来では考えの及ばなかった手法を考案し、絵画に新たな地平を切り拓いたのです。

こうして創出された空間を満たす大画面と、そこで展開される様々な色彩についての思考は、今なお見るものの感覚や想像力を刺激してやみません。作品が体現する色の世界、その海を泳ぐ私たちは、色の波に身をまかせ、溺れ、時に抗いながら、絵画と色彩の無限の可能性に出会うでしょう。色の海を泳ぎきった先には、きっと、私たち自身の中にある彩り豊かで、高潔な、けれど同時に暗く、黒いものをも包む、美しい地平を感じとっていただけるのではないでしょうか。

出品作家:
ジャック・ブッシュ、アンソニー・カロ、フリーデル・ズーバス、ヘレン・フランケンサーラー、モーリス・ルイス、ケネス・ノーランド、ジュールズ・オリツキー、ラリー・プーンズ、フランク・ステラ

みどころ
① 1950年代後半から60年代、アメリカを中心地として発展した抽象絵画の潮流「カラーフィールド」の代表作を紹介する、日本で初めての展覧会。カラーフィールドの画家と交流した彫刻家を含む9名の作家たちが開拓した豊かな色彩と技法を見ることができます。

② 世界で最も質の良いカラーフィールド作品を所蔵しているカナダの「マーヴィッシュ・コレクション」より、約40点の作品が初来日。DIC川村記念美術館の収蔵品とあわせて約50点を展観します。

③ 床置きの立体作品から横5mを超える大型絵画まで、色と質感の豊かさを堪能できる作品群は人の官能性を呼び覚ますことでしょう。章ごとに微妙に明度が異なる展示空間で、ゆらめく色の海を回遊するような鑑賞体験が期待できます。

開催概要

会期
2022年3月19日(土)〜2022年9月4日(日)
会場 DIC川村記念美術館
住所 千葉県佐倉市坂戸631 Google Map
時間
9:30〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日
月曜日(ただし3月21日、7月18日は開館)、3月22日(火)、7月19日(火)
入館料
一般 1,500円、学生・65 歳以上 1,300円、小中学生・高校生 600円 (事前予約制)
TEL 050-5541-8600(ハローダイヤル)
URL
【公式サイト】DIC川村記念美術館
https://kawamura-museum.dic.co.jp/
URL2
【公式サイト】DIC川村記念美術館|展覧会紹介ページ
https://kawamura-museum.dic.co.jp/art/exhibition-past/2022/color-fields/
SNS
主催 DIC株式会社
特別協力 デイヴィッド・マーヴィッシュ・ギャラリー
後援 在日カナダ大使館、千葉県、千葉県教育委員会、佐倉市、佐倉市教育委員会
プレスリリース ダウンロード
ログインしてご利用ください。

イベント・講演会・グッズ・コラボ情報

会期中のイベント
■学芸員によるギャラリートーク
毎月第2土曜日11:30より学芸員が本展の作品解説をいたします。
要予約|入館料のみ
■ガイドスタッフによる定時ツアー
毎日14:00より当館ガイドスタッフがコレクション展示を含めた館内の展示をご案内します。
要予約|入館料のみ
■講演会
6月12日(日) 13:30-15:00
加治屋健司氏(現代美術史、東京大学大学院総合文化研究科教授)
要予約|入館料のみ
■館内茶席
坂本紫穗氏(和菓子作家)の監修による本展オリジナルのお菓子をご用意します。
■ポップアップストア
ミュージアムショップ、ギフトショップでご紹介している作家、メーカーの中から、彩り豊かな品々を厳選。期間限定のポップアップストアを開催します。
3月-5月|会場:付属ギャラリー
■PIGMENT TOKYO顔料展示・夏休みワークショップ
400色の顔料を鉱石やクリスタルと一緒に展示します。夏休みには水彩絵具づくりのワークショップを開催します。
7月-8月|会場:付属ギャラリー|ワークショップは要予約

広報用画像一覧

  • 画像説明 フリーデル・ズーバス《捕らわれたフェニックス》1982年
    オードリー&デイヴィッド・マーヴィッシュ蔵
    © 2022 Friedel Dzubas / ARS, New York / JASPAR, Tokyo G2749
    1点のみ掲載の場合はこちらをご使用ください
  • 画像説明 フランク・ステラ《モールトンヴィル II》1966年
    オードリー&デイヴィッド・マーヴィッシュ蔵
    © 2022 Frank Stella / ARS, New York / JASPAR, Tokyo G2749
  • 画像説明 ケネス・ノーランド《あれ》1958-59年
    オードリー&デイヴィッド・マーヴィッシュ蔵
    © Kenneth Noland / VAGA at ARS, NY / JASPAR, Tokyo 2022 G2749
  • 画像説明 モーリス・ルイス《無題(イタリアン・ヴェール)》1960年
    オードリー&デイヴィッド・マーヴィッシュ蔵
  • 画像説明 ラリー・プーンズ《雨のレース》1972年
    オードリー&デイヴィッド・マーヴィッシュ蔵
    © Larry Poons / VAGA at ARS, NY / JASPAR, Tokyo 2022 G2749
  • 画像説明 ジュールズ・オリツキー《高み》1966年
    オードリー&デイヴィッド・マーヴィッシュ蔵
    © Jules Olitski / VAGA at ARS, NY / JASPAR, Tokyo 2022 G2749
    web媒体にのみご使用いただけます
  • 画像説明 カラーフィールド展ポスター

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
プレスリリース・画像データの一括ダウンロード
DIC川村記念美術館の施設(外観・内観)画像も同時ご提供

この展覧会の広報用データのお申込みは
終了しました。

  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、ARTPR担当者 までご連絡ください。