プレスリリース

UPDATE

いわさきちひろ展

開催期間:

茨城県近代美術館(茨城県水戸市千波町東久保666-1)にて、「いわさきちひろ展」を2021年7月24日(土)より8月29日(日)まで、開催いたします。「世界中のこどもみんなに 平和と しあわせを」と願い、生涯にわたって子どもを描き続けた画家・いわさきちひろ。美しく清らかな色彩に満ち、巧みな描写力に裏付けられた彼女の作品は、没後約半世紀を経た現在でも色あせることはありません。絵本やカレンダーなどで親しまれてきたちひろの作品世界を、約120点の原画と豊富な資料によりご紹介します。

「あめ」 1960年頃 ちひろ美術館蔵

この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。

展覧会概要

「世界中のこどもみんなに 平和と しあわせを」と願い、生涯にわたって子どもを描き続けた画家・いわさきちひろ(1918~1974)。美しく清らかな色彩に満ち、巧みな描写力に裏付けられた彼女の作品は、没後約半世紀を経た現在でも色あせることはありません。

そのやさしさにあふれた作品イメージの一方で、戦争を経験し、「絵描き」として生きることを選んだ彼女の人生は決して平坦なものではなく、妻として、母として、そして絵描きとして、力強く55年の生涯を生き抜きました。

本展では、新聞や絵雑誌などの挿絵を描き、童画家として世に出たちひろが、次第に絵本画家として才能を開花させ、絵と文が一体となった創作絵本『あめのひのおるすばん』(1968年、至光社)等によって絵本の世界に新境地をもたらすに至る、その生涯と作品を、豊富な資料を交えてご紹介します。

【いわさきちひろ略歴】
いわさきちひろ(本名:岩崎知弘)は、1918(大正7)年12月15日、岩崎正勝・文江の長女として、女学校の教師をしていた母・文江の赴任先(福井県越前市)で生まれた。翌年春、父・正勝の住む東京に戻る。幼い頃から絵を好み、「絵がじょうず」な「ちいちゃん」として知られた。1931(昭和6)年、東京府立第六高等女学校に入学。この頃、洋画家の岡田三郎助に師事。1945年、空襲で自宅を焼失、信州に疎開。1946年、芸術学校入学のため単身上京して『人民新聞』記者の職を得る。カットや記事を担当したちひろは、スケッチブックを持ち歩いて街頭でスケッチを繰り返し、デッサン会に通うなどする。1948年、絵筆一本で生きることを決意、新聞記者の職を辞する。1950年、結婚。翌年、長男誕生。1956年、絵雑誌の仕事が評価され、小学館児童出版文化賞受賞、売れっ子「童画家」になる。1957年、初めて絵本一冊まるごと手がける(『ひとりでできるよ』文・小林純一、福音館書店、1957年)。その後も戦後の児童書出版ブームに乗って仕事の依頼が相次ぐ中、絵本画家として評価が高まる。1968年、これまでにない絵本づくりを目指し、絵と文が一体となった創作絵本『あめのひのおるすばん』(至光社)を刊行。若い人向けの絵本や戦争をテーマにした絵本など、意欲的に制作に取り組んだが体調を崩し、1年以上の歳月を費やして『戦火のなかの子どもたち』(岩崎書店、1973年)を刊行。1974年、病により55歳で死去。

◆ 展示構成  *一部変更になることがあります。
プロローグ ちひろの四季―季節のうつろいと子どもたち
Ⅰ ちひろの童画―初期の紙芝居・雑誌・絵雑誌など
Ⅱ ちひろの絵本―新たな世界を開拓
Ⅲ ちひろの生涯―絵描きとして、母として
Ⅳ ちひろと子ども―あかちゃんの月齢までも描き分ける
Ⅴ ちひろと戦争―罪のない子どもたちが犠牲になること
Ⅵ ちひろの技―感じたとおりに描くこと

※さらに詳しい展覧会の見どころなどは、プレスリリースをダウンロードしてご参照ください。

開催概要

会期
2021年07月24日(土)〜2021年08月29日(日)
会場 茨城県近代美術館
住所 茨城県水戸市千波町東久保666-1 Google Map
時間
09:30〜17:00(16:30)
休館日
月曜日
*ただし、8月9日(月・振休)は開館、翌10日(火)休館
入館料
一般 1,100(1,000)円/満70歳以上550(500)円/高大生870(730)円/小中生490(370)円
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証等をご持参の方は無料
★WEB予約をおすすめします。
オンラインで「日時指定WEB整理券」(無料)を取得された方が優先入場となります。
来館日の1ヶ月前より予約可能です。詳細は当館HPをご覧ください。
TEL 029-243-5111
URL
【茨城県近代美術館 公式サイト】
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
SNS
主催 茨城県近代美術館/ちひろ美術館
後援 水戸市/朝日新聞水戸総局/茨城新聞社/NHK水戸放送局/産経新聞社水戸支局/ 東京新聞水戸支局/日本経済新聞社水戸支局/毎日新聞水戸支局/読売新聞水戸支局
プレスリリース ダウンロード
ログインしてご利用ください。

イベント・講演会・グッズ・コラボ情報

※イベント情報の詳細は後日ご案内いたします。

広報用画像一覧

  • 画像説明 「あめ」 1960年頃 ちひろ美術館蔵
  • 画像説明 「はなぐるま」 1967年 ちひろ美術館蔵
  • 画像説明 戸口に立つおにた 1969年(『おにたのぼうし』ポプラ社より) ちひろ美術館蔵
  • 画像説明 おさんぽ 1970年(『もしもしおでんわ』童心社より) ちひろ美術館蔵
  • 画像説明 風船と舞い上がる少年 1968年(『あかいふうせん』偕成社より) ちひろ美術館蔵
  • 画像説明 カーテンにかくれる少女 1968年(『あめのひのおるすばん』至光社より) ちひろ美術館蔵
  • 画像説明 赤い帽子の男の子 1971年 ちひろ美術館蔵
  • 画像説明 ハマヒルガオと少女 1950年代半ば ちひろ美術館蔵
  • 画像説明 子ども 1949年 ちひろ美術館蔵
  • 画像説明 大人も子どももあそべる展示
    plaplaxによる体験できるメディア・アート作品
    「絵のなかの子どもたち」 2018年
  • 画像説明 大人も子どももあそべる展示
    plaplaxによる体験できるメディア・アート作品
    「絵の具の足あと」 2018年
  • 画像説明
  • 画像説明

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
掲載媒体には、読者プレゼント用ご招待チケット5組10名様分をご提供可能
プレスリリース・画像データの一括ダウンロード
茨城県近代美術館の施設(外観・内観)画像も同時ご提供
この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。
  • ログインされていない場合は、
    ログインの上、お申込み画面にお進みください。
  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、ARTPR担当者 までご連絡ください。