プレスリリース

UPDATE

速水御舟展

開催期間:

茨城県近代美術館(水戸市千波町東久保666-1)にて「速水御舟展」を2023年2月21日(火)より3月26日(日)まで開催いたします。わずか30年という短い画家活動ながら、近代日本画の流れを牽引し続けた速水御舟(1894-1935)。その画風は生涯を通じて大きく変遷し、大正期の細密描写による写実表現から、古典的な絵画への回帰を経て、単純化と平面性を伴う後期作品へと至ります。本展では、常に真摯に対象の真実に迫ろうとした御舟の画業を3章にわけて辿ります。

速水御舟《鍋島の皿に柘榴》1921(大正10)年 絹本彩色・額装

この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。

実在するものは
美でもなく醜でもない、
ただ真実のみだ

        ―速水御舟


速水御舟(1894-1935)は、明治の末期から昭和初期にかけて活躍した代表的な日本画家の一人です。明治維新以後、日本が近代化を進める中で、美術の世界、とりわけ日本画は大きな変化を強いられました。その渦中にあって、わずか30年ほどの活動を通じ、御舟はその後の近代日本画の展開に強い影響を与え、その方向性を決定づける仕事を多く遺しました。
古画の模写、写生に基づく叙情的な作品、大正期の精緻を極めた写実描写、そして古典的な絵画への回帰、単純化と平面性を伴う作品へと変化する画風には、一人の画家とは思えないほどの多彩な表現が見られます。ただ、そこには対象の真実に肉薄しようとした、御舟の一貫した姿を見ることができます。それは近代という時代に西洋と対峙する中で、日本画が直面せざるをえなかった様々な問題に真摯に向き合った結果ともいえます。
この展覧会では本画約100点と素描により、型にはまることを嫌い、振幅の激しい画業を通して描くことの意味を問い続けた、御舟の画家としての道筋をあらためて振り返ります。

【広報文①】(約60字)
30年という短い画家生活ながら、次々と画風を変化させ、近代日本画の中心にあり続けた日本画家・速水御舟(1894-1935)の画業を3章構成で辿ります。
【広報文②】(約90字)
近代日本画の中心にあってその流れを牽引し続けた速水御舟(1894-1935)。細密描写による写実表現から、古典的な絵画への回帰を経て、単純化と平面性を伴う後期作品へと至る御舟の画業を、3章構成で辿ります。
【広報文③】(約140字)
近代日本画の流れを牽引し続けた速水御舟(1894-1935)。その画風はわずか30年という短い画家生活においてめまぐるしく変遷し、大正期の細密描写による写実表現から、古典的な絵画への回帰を経て、単純化と平面性を伴う後期作品へと至ります。本展では、常に真摯に対象の真実に迫ろうとした御舟の画業を辿ります。

主な出品作品
速水御舟《洛北修学院村》1918(大正7年)、絹本彩色・額、滋賀県立美術館
速水御舟《菊花図》1921(大正10)年、紙本金地彩色・四曲一双屏風
速水御舟《鍋島の皿に柘榴》1921(大正10)年、絹本彩色・額
速水御舟《花の傍》1932(昭和7)年、紙本彩色・額、株式会社歌舞伎座 
本画約100点、素描

展覧会構成と見どころ
第1章 閉塞からの脱却―模写から写生へ
第2章 写実の探究―細密描写
第3章 古典との融合―単純化と平面性

見どころ1 地方では久々の速水御舟展。なんと15年ぶり!
速水御舟の近代美術史における評価は極めて高いにも関わらず、これまで御舟の大規模な展覧会が地方で開かれることは極めて稀でした。近年では2008年の平塚市美術館以降は開催されておらず、本展は御舟の芸術をより多くの人たちに紹介することができる貴重な機会になります。

見どころ2 いったん頂上まで登った梯子から降りてきて、また登りなおす勇気―御舟芸術の凄みと神髄
明治、大正から昭和にかけて、40年という短い生涯を駆け抜け、道半ばで没した速水御舟。御舟は23歳で日本美術院同人に推挙され、横山大観や小林古径ら日本画家だけではなく、安井曾太郎や岸田劉生ら洋画家にも高く評価されました。約30年という画家生活において、御舟はその時々で目指す表現を突き詰め、極めて完成度の高い作品を生み出しますが、自らの到達点に満足することは決してなく、研究を重ねて求道的ともいうべき制作態度を貫きました。「梯子の頂上に登る勇気は貴い、更にそこから降りて来て、再び登り返す勇気を持つ者は更に貴い」という自身の言葉の通り、型にはまることを嫌い、破壊と創造を繰り返した御舟の軌跡を余すところなくご覧いただきます。

見どころ3 細密描写ここに極まれり―写実の向こうにあるもの
大正期の御舟が、対象をくまなく見つめ、執拗なまでに試みた細密描写の極みともいうべき作品が《菊花図》(広報用画像参照)です。赤、黄、白の様々な種類、形状の菊が金屏風に映える様はとても華やかですが、その一方で、花弁、葉の一枚一枚に至るまで妥協無く描き切った細部の鋭利な描写には、画家の執念すら感じられます。また、油彩画に触発されたともいわれていますが、御舟は大正期には静物画を何点も手がけて、抽象的な空間に果物や器、布などを配し、見事な質感と量感の描写によって、一部の隙もない小世界を創り出しています。とりわけ、《鍋島の皿に柘榴》(広報用画像参照)はこの時期の静物画の代表的な作例で、当時、油絵の質感を目の当たりにした御舟が、日本画の顔料によってどれだけ対象の質感をとらえ、物の実在感を表せるかを試みた、極北ともいえる作品です。

見どころ4 花々の香気、動物たちの佇まい
御舟はその画家生活を通して、花卉(かき)画や花鳥画を描いています。花や動物たちを描き出す、色彩豊かで計算され尽くされた描写の冴えや構図の妙、墨やたらし込みを駆使した濃淡自在の筆さばきの見事さなども大きな見どころです。精妙な、あるいは自由闊達な御舟の筆遣いが伝えるのは、単なる花や動物の迫真性にとどまらず、馥郁たる花々の香気であり、動物や虫たちの佇まいであり表情なのです。

開催概要

会期
2023年2月21日(火)〜2023年3月26日(日)
会場 茨城県近代美術館
住所 茨城県水戸市千波町東久保666-1 Google Map
時間
9:30〜17:00(16:30)
休室日
3月13日(月) ※会期中、一部作品の展示替があります。
入場料
一般1,100(1,000)円/満70歳以上550(500)円/高大生870(730)円/小中生490(370)円
※( )内は20名以上の団体料金
※春休み期間を除く土曜日は高校生以下無料
※障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証等をご持参の方は無料
※3月11日(土)は満70歳以上の方は無料
◎ WEB予約をおすすめします
当館ホームページで「日時指定WEB整理券」(無料)を取得された方が優先入場となります。来館日の1カ月前より予約可能です。詳細は当館ホームページをご覧ください。
TEL 029-243-5111
URL
【茨城県近代美術館 公式サイト】
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
SNS
主催 茨城県近代美術館/日本経済新聞社
後援 水戸市/朝日新聞水戸総局/茨城新聞社/NHK水戸放送局/産経新聞社水戸支局/東京新聞水戸支局/毎日新聞水戸支局/読売新聞水戸支局
協賛 株式会社常陽銀行
助成 芸術文化振興基金
特別協力東京国立近代美術館/凸版印刷株式会社 トッパン日本画家アートアーカイブ

会期中のイベント

(1)講演会「速水御舟《埃及風俗図巻》の修復について」
講師:半田昌規氏(修復家、半田九清堂代表取締役)
日時:2023年3月5日(日) 午後2時~午後3時30分 
会場:地階講堂
定員:250名(参加無料) 

(2)館長による鑑賞講座「速水御舟、その生涯と芸術」
講師:尾﨑正明(茨城県近代美術館長、本展企画者)
日時:2023年2月26日(日) 午後2時~午後3時30分 
会場:地階講堂
定員:250名(参加無料)

※イベント詳細につきましては当館までお問い合わせください。

広報用画像一覧

  • 画像説明速水御舟《洛北修学院村》1918(大正7)年 絹本彩色・額装 滋賀県立美術館
  • 画像説明速水御舟《鍋島の皿に柘榴》1921(大正10)年 絹本彩色・額装
  • 画像説明速水御舟《菊花図》1921(大正10)年 紙本金地彩色・四曲一双屏風(左隻)
  • 画像説明速水御舟《菊花図》1921(大正10)年 紙本金地彩色・四曲一双屏風(右隻)
  • 画像説明《菊に猫》1922(大正 11)年 絹本彩色・軸装 豊田市美術館
  • 画像説明速水御舟《牡丹》1926(大正15年) 絹本彩色・軸装 遠山記念館
  • 画像説明速水御舟《椿花妍彩》1926(大正15)年 紙本彩色・軸装 個人蔵(フジカワ画廊協力)
  • 画像説明《秋興》1929(昭和4)年 絹本彩色・軸装
  • 画像説明速水御舟《花ノ傍》1932(昭和7)年 紙本彩色・額装 株式会社歌舞伎座

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
掲載媒体には、読者プレゼント用ご招待チケット5組10名様分をご提供可能
画像データの一括ダウンロード
茨城県近代美術館の施設(外観・内観)画像も同時ご提供
この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。
  • ログインされていない場合は、
    ログインの上、お申込み画面にお進みください。
  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、ARTPR担当者 までご連絡ください。