プレスリリース

UPDATE

大正・昭和のモダニスト
蕗谷虹児展

開催期間会期

平塚市美術館(神奈川県平塚市西八幡1-3-3)にて、「大正・昭和のモダニスト 蕗谷虹児展」を2024年10月5日(土)より11月24日(日)まで開催いたします。蕗谷虹児(1898-1979)は大正時代から昭和時代にかけて少女雑誌の表紙絵や挿絵にモダンな女性像を発表して人気を博しました。文化や芸術が大衆のものとして浸透していく過程で、出版界の花形作家として蕗谷虹児が果たした役割は大きいものでした。本展では、60年におよぶ虹児の画業を約500点の作品で回顧します。

蕗谷虹児《秋の声(『少女倶楽部』第3巻第10号口絵原画)》1925年、蕗谷虹児記念館蔵

この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。

展覧会概要

蕗谷虹児(1898-1979)は、新潟県で生まれ、1913年に日本画家を目指して上京しますが、竹久夢二の紹介で少女雑誌の挿絵を描くようになると、またたく間に時代の寵児となりました。1925年には本格的に絵を学ぶためにパリに留学し、サロン入選や個展の開催により、画家として活動していくことに自信を深めます。しかし、1929年に生活のために志半ばで帰国。その後は再び少女雑誌の仕事を手がけ、1930年代にかけてモダンな女性像により人気の絶頂を迎えました。流行のファッションに身を包み、強い眼差しを持つ女性像は、近代的なライフスタイルにあこがれる多くの女性たちにとって象徴的なアイコンとして機能したといえるでしょう。戦後は、童話や絵本の挿絵のほか、アニメーションの仕事にも取り組み、少女向けの仕事から離れて新たな境地を開拓。晩年は、個展を中心に可憐な少女像を発表して変わらぬ人気を博し、1979年に80歳でその生涯を閉じました。1987年には、幼少期を過ごした新潟県新発田市に記念館がオープンし、現在にいたるまで多くの来館者に愛されています。

本展では、少女雑誌の表紙や挿絵の原画、パリ時代の作品、童話や絵本の挿絵の原画、アニメーションの原画など約500点が一堂に会し、およそ60年におよぶ虹児の画業を回顧します。大正から昭和戦前にかけて、文化や芸術が大衆のものとして浸透していく過程で、出版界の花形として虹児が果たした役割がいかに大きいものであったかを感じ取っていただくとともに、戦後の児童文化に残した足跡をご堪能いただければ幸いです。


みどころ
1.神奈川県内の公立館では初の大回顧展
第二次世界大戦の戦況がひっ迫した1944年、虹児は、渓流釣りで土地勘のあった酒匂川上流の神奈川県山北町に、東京から一家で疎開。その後10年にわたり同地で過ごしました。終戦後に女性雑誌が刊行されることになったとき、山北町で虹児の仕事が再開されました。
神奈川県ゆかりの画家である虹児の画業を、少女雑誌の表紙や挿絵の原画、パリ時代の作品、童話や絵本の挿絵の原画、アニメーションの原画など約500点の作品でご紹介します。

2.女性の憧れ「モダンガール」を描く
1930年代、少女雑誌の表紙や口絵に、流行のファッションに身を包み、強い眼差しを持つモダンな女性像を描いた蕗谷虹児。その女性像は、近代的なライフスタイルに憧れる多くの女性たちの絶大な支持を得ました。挿絵の世界に飛び込んだ大正時代には、先達の竹久夢二の抒情性を踏まえた女性を描き、パリへの留学を契機に自立した女性像を生み出すにいたった虹児の作風の変化をご覧いただけます。

3.33年ぶりに公開される作品《胡蝶の夢》
1991年の展覧会以降出品されていなかった《胡蝶の夢》を、33年ぶりに展示します。仰向けの女性の横顔と、その唇にとまろうとする蝶を幻想的に描いたこの作品は、大反響を呼んだ『令女界』1931年6月号の口絵「夢」を下敷きとして、1968年開催の個展のために描いた抒情的な作品です。

開催概要

会期
2024年10月5日(土)〜2024年11月24日(日)
会場 平塚市美術館
住所 254-0073 神奈川県平塚市西八幡1-3-3 Google Map
展示室 平塚市美術館 展示室Ⅰ
時間
9:30~17:00(入場は16:30まで)
休館日
月曜日(ただし、10月14日、11月4日は開館)、10月15日(火)、11月5日(火)
観覧料
一般800(640)円、高大生500(400)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※毎週土曜日は高校生無料
※各種障がい者手帳の交付を受けた方と付添1名は無料
※65歳以上で平塚市民の方は無料、市外在住の方は団体料金(年齢・住所を確認できるものをご提示ください)
TEL 0463-35-2111
URL
【平塚市美術館 公式サイト】
https://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/
SNS
主催 平塚市美術館
交通JR東京駅から東海道線または新宿駅から湘南新宿ライン(直通)で約1時間。JR 平塚駅東改札口を出て北口よりバス 4 番乗り場乗車「美術館入口」(徒歩1分)または「コンフォール平塚前」(徒歩5分)下車。または平塚駅より徒歩20分。駐車場67台(美術館御利用の場合 90 分間無料、要認証)。
プレスリリース ダウンロード
ログインしてご利用ください。

関連事業

当館学芸員によるギャラリートーク
日時:10月19日(土)、11月2日(土)各14:00-14:40
場所:展示室Ⅰ(申込不要、要観覧券)

関連ワークショップ「単色凸版・版画講座」
講師:城戸宏氏(リン版画工房主宰)
日時:11月17日(日)13:30~15:30
場所:アトリエB(事前申込制、詳細は当館ウェブに掲載。)

蕗谷虹児が構成・原画を担当した短編アニメ「夢見童子」上映
日時:展覧会会期中の9:30~16:30頃
上映時間:1回15分28秒(繰り返し上映)
場所:ミュージアムホール(申込不要、観覧無料。都合により上映場所が変更される場合があります。詳細は当館までお問い合わせください。)
東映動画(現・東映アニメーション)初となるカラーアニメーション。東映動画に招聘された虹児は、詩人であり抒情画家である自身のイメージを前面に打ち出して、「夢見童子」の原画を描き、童謡風の歌を作詞しました。

同時開催

おしゃべり美術館 ひらビあーつま~れ10年記念展
会期:9月21日(土)~2025年2月16日(日)
https://www.artpr.jp/hiratsuka-art/oshaberi2024

中勘助の小宇宙-「銀の匙」と「しづかな流」
会期:10月5日(土)~11月10日(日)

広報用画像一覧

  • 画像説明蕗谷虹児《睡蓮の夢(『睡蓮の夢』原画)》1924年、蕗谷虹児記念館蔵
  • 画像説明蕗谷虹児《『睡蓮の夢』箱原画》1924年、蕗谷虹児記念館蔵
  • 画像説明蕗谷虹児《秋の声(『少女倶楽部』第3巻第10号口絵原画)》1925年、蕗谷虹児記念館蔵
  • 画像説明蕗谷虹児《萠芽(『睡蓮の夢』原画)》1924年、蕗谷虹児記念館蔵
  • 画像説明蕗谷虹児《船…形見の扇(別れ四題)(『令女界』第4巻第7号口絵原画)》1925年、蕗谷虹児記念館蔵
  • 画像説明蕗谷虹児《表紙原画(『令女界』第27巻第2号)》1949年、蕗谷虹児記念館蔵
  • 画像説明蕗谷虹児《さやからとびでた五つぶの豆(『世界名作童話全集 アンデルセン おやゆび姫』挿絵原画)》1942年、蕗谷虹児記念館蔵
  • 画像説明蕗谷虹児《かっぱの子(『詩画集 花嫁人形』原画)》1935年、蕗谷虹児記念館蔵

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
掲載媒体には、読者プレゼント用ご招待チケット5組10名様分をご提供可能
プレスリリース・画像データの一括ダウンロード
平塚市美術館の施設(外観・内観)画像も同時ご提供
この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。
  • ログインされていない場合は、
    ログインの上、お申込み画面にお進みください。
  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、ARTPR担当者 までご連絡ください。