プレスリリース

UPDATE

令和6年度 初夏展
殿さまのスケッチブック
Early Summer Exhibition
Natural History Studies by the Hosokawa Lords

開催期間会期

永青文庫(東京都文京区目白台1-1-1)にて、初夏展「殿さまのスケッチブック」を2024年4月27日(土)より6月23日(日)まで開催いたします。日本の博物学は、中国の薬学・博物学である「本草学」の影響を受けて発達し、18世紀には「博物趣味」に熱中する大名が多く現れました。その先駆けの一人が細川家熊本藩6代藩主の重賢(しげかた、1720~85)です。博物図譜に掲載された多様なスケッチは驚くほど細かく描き込まれており、自然に対するひたむきな情熱と好奇心が感じられます。細川家の殿さまが見た「リアル」が写された「殿さまのスケッチブック」をご覧ください。

「毛介綺煥(もうかいきかん)」(部分)江戸時代(18世紀)永青文庫蔵 前期展示

この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。

展覧会概要

日本の博物学は、中国の薬学・博物学である「本草学」の影響を受けて発達し、18世紀には「博物趣味」に熱中する大名が多く現れました。その先駆けの一人が細川家熊本藩6代藩主の重賢(しげかた、1720~85)です。重賢は、熊本藩の藩政改革や産業奨励、藩校時習館、医学校再春館、薬草園蕃滋園の設立などを行って「肥後の鳳凰」と称される一方、動物、昆虫、植物などに強い関心を示しました。参勤交代の途次では植物採集にいそしみ、精緻な博物図譜を作らせています。図譜に掲載された多様なスケッチは驚くほど細かく描き込まれており、自然に対するひたむきな情熱と好奇心が感じられます。
永青文庫では1991年に「殿様の博物学」展を開催し、所蔵する図譜を多く公開しましたが、本展はそれ以来33年ぶりとなります。細川家の殿さまが見た「リアル」が写された「殿さまのスケッチブック」をご覧ください。

竹原玄路筆、谷口鶏口賛「細川重賢像」江戸時代(18世紀)永青文庫蔵
細川重賢(しげかた、1720〜85)
細川家熊本藩6代藩主の細川重賢は、4代藩主宣紀(のぶのり)の5男として江戸に生まれました。延享2年(1745)に藩主となりますが、熊本藩の財政は窮乏しており、藩政改革を進めることになります。重賢は自ら粗衣粗食を率先し、税制や刑法を改正し、行政機構を見直し、産業を奨励しました。そのような藩政で名君と称えられる一方、博物学に没頭し、多くの博物図譜を作らせました。

(画像)竹原玄路筆、谷口鶏口賛「細川重賢像」江戸時代(18世紀)永青文庫蔵


博物図譜とは
博物趣味の大名の先駆けとなったのが、熊本藩の細川重賢と高松藩の松平頼恭(よりたか、1711〜71)です。重賢と頼恭は、採集・飼育した動植物を彩色で写生し、その情報をメモした「博物図譜」作りに熱中しました。博物趣味の大名たちは写生図の貸し借りを行い、お互いに写しを作ることも行いました。大名たちの作った博物図譜は、各地の博物館などにも残されています。

「毛介綺煥(もうかいきかん)」
「毛・介」の文字には動物・貝類、「綺・煥」にはうつくしい・光かがやくさま、という意味があります。哺乳類や爬虫類、魚類などの様々な動物が、名称、年月日、場所とともに記録されています。インパクトのあるアサヒガニの描写が有名で、書籍などでも多く紹介されてきました。絶滅したといわれるニホンオオカミには、宝暦8年(1758)の年記とともに、胴や顔、足の長さが記録されていることも貴重です。
   
「昆虫胥化図(こんちゅうしょかず)」
昆虫が幼虫から蛹になり、羽化して成虫になる様子を、日付とともに緻密に描いた日本初の昆虫生態記録です。幼虫の食べる草も合わせて描かれており、種を判定する重要な情報になっています。虫かごの網が描かれている図もあり、重賢が飼育・観察させていたと考えられます。


展覧会の見どころ
1.33年ぶり!永青文庫の所蔵する博物図譜の全容を大公開
永青文庫の博物図譜は、熊本大学附属図書館や熊本県立美術館などで度々紹介されてきました。永青文庫では1991年の「殿様の博物学」展以来、33年ぶりに全20件の博物図譜を展示します。

2.迫真の描写の「毛介綺煥(もうかいきかん)」全場面を一挙に展示
特に有名な「アサヒガニ」「ニホンオオカミ」の図を含む裏面は前期、「ヤマネ」「アナグマ」の図を含む表面は後期に全場面を広げて展示します。哺乳類や魚介類など様々な図を通覧できる初めての機会です。

3.展覧会場では実物の動植物の写真も紹介
図譜の描写と比較して見ることができます。


『季刊永青文庫』
展覧会開催に合わせて発行する『季刊永青文庫』124号では、「毛介綺煥」「昆虫胥化図」を留め書き(図に書き込まれた文字情報)とともに初めて全場面を掲載します。また、自然科学から見た永青文庫の博物図譜を清水稔氏(熊本博物館学芸員)に解説していただきます。その他、永青文庫の設立者・細川護立が購入したフランスの東洋学者アンリ・コルディエの蔵書(東洋文庫寄託)の魅力を紹介する「Flâneur」、小松大秀館長による「館長のひとりごと」など、好評の連載を掲載します。
カラー32ページ、800円(税込)

開催概要

会期
2024年4月27日(土)〜2024年6月23日(日)
※会期中、一部場面替えをいたします。
前期 4月27日~5月26日、後期 5月28日~6月23日
会場 永青文庫
住所 112-0015 東京都文京区目白台1-1-1 Google Map
時間
10:00〜16:30(最終入館時間 16:00)
※状況により、臨時に休館や開館時間の短縮を行う場合がございます。
※ご来館にあたって事前予約は必要ありませんが、混雑時はお待ちいただく場合がございます。
※当館の感染症予防対策については、ホームページをご覧ください。
休館日
毎週月曜日(ただし4月29日・5月6日は開館し、4月30日・5月7日は休館)
入館料
一般:1000円
シニア(70歳以上):800円
大学・高校生:500円
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料
TEL 03-3941-0850
URL
【永青文庫 公式サイト】
https://www.eiseibunko.com/
SNS
主催 永青文庫
特別協力 熊本大学附属図書館、熊本県立美術館、熊本博物館、ホテル椿山荘東京
交通案内
《バス》JR目白駅(「目白駅前」バス停)・副都心線雑司が谷駅 出口3(「鬼子母神前」バス停)より、都営バス「白61 新宿駅西口」行きにて「目白台三丁目」下車徒歩5分
《都電》都電荒川線早稲田駅より徒歩10分
《地下鉄》有楽町線江戸川橋駅(出口1a)より徒歩15分/東西線早稲田駅(出口3a)より徒歩15分
《ドコモ・バイクシェア》E2-14. 永青文庫

永青文庫とは

永青文庫とは 永青文庫とは
永青文庫は、肥後熊本54 万石を治めた細川家の下屋敷跡にある、東京で唯一の大名家の美術館です。細川家は南北朝時代の頼有(1332~91)を始祖とし、近世細川家の初代藤孝(幽斎、1534〜1610)と2 代忠興(三斎、1563〜1645)が大名家の礎を築き、3 代忠利より240 年にわたって熊本藩主をつとめました。永青文庫の名称は、中世細川家の菩提寺である建仁寺塔頭・永源庵の「永」、初代藤孝の居城・青龍寺城の「青」に由来します。所蔵品は、細川家伝来の美術工芸品や歴史資料、そして設立者である16 代細川護立(1883~1970)の蒐集品で、国宝8 件・重要文化財35 件を含む9 万4000 点にのぼり、テーマごとに展覧会を開催しています。永青文庫の建物は、昭和5 年(1930)に建てられた細川家の家政所(事務所)を展示施設としたものです。
施設画像ダウンロードはこちらから


永青文庫とは 永青文庫とは
近隣のご案内
文京区立 肥後細川庭園
永青文庫に隣接する肥後細川庭園は、熊本藩主細川家の下屋敷跡で、目白台の自然景観や湧き水を活かした池泉回遊式庭園です。庭園内の「松聲閣」は細川家の学問所と伝えられる建物で、一時期は細川家の住まいとして使用されました。
https://www.higo-hosokawa.jp/

広報用画像一覧

  • 画像説明竹原玄路筆、谷口鶏口賛「細川重賢像」江戸時代(18世紀)永青文庫蔵
  • 画像説明「毛介綺煥(もうかいきかん)」(部分)江戸時代(18世紀)永青文庫蔵 前期展示
  • 画像説明「毛介綺煥(もうかいきかん)」(部分)江戸時代(18世紀)永青文庫蔵 前期展示
  • 画像説明「毛介綺煥(もうかいきかん)」(部分)江戸時代(18世紀)永青文庫蔵 前期展示
  • 画像説明「毛介綺煥(もうかいきかん)」(部分)江戸時代(18世紀)永青文庫蔵 後期展示
  • 画像説明「毛介綺煥(もうかいきかん)」(部分)江戸時代(18世紀)永青文庫蔵 後期展示
  • 画像説明「昆虫胥化図(こんちゅうしょかず)」(部分)江戸時代(18世紀)永青文庫蔵 前期展示
  • 画像説明「昆虫胥化図(こんちゅうしょかず)」(部分)江戸時代(18世紀)永青文庫蔵 後期展示
  • 画像説明「虫類生写(ちゅうるいいきうつし)」(部分)江戸時代(18世紀)永青文庫蔵 
  • 画像説明「百卉侔状(ひゃっきぼうじょう)」(部分)江戸時代(18世紀)永青文庫蔵 
  • 画像説明「艸木生(そうもくいき)うつし」(部分)奥書:宝暦11年(1761)永青文庫蔵 後期展示
  • 画像説明「艸木生写(そうもくいきうつし)」(部分)奥書:宝暦12年(1762)永青文庫蔵 後期展示
  • 画像説明「群禽之図(ぐんきんのず)」(部分)江戸時代(18世紀)永青文庫蔵
  • 画像説明「群芳帖(ぐんぽうじょう)」(部分)江戸時代(19世紀)永青文庫蔵 

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
掲載媒体には、読者プレゼント用ご招待チケット5組10名様分をご提供可能
画像データの一括ダウンロード
永青文庫の施設(外観・内観)画像も同時ご提供
この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。
  • ログインされていない場合は、
    ログインの上、お申込み画面にお進みください。
  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、ARTPR担当者 までご連絡ください。