プレスリリース

UPDATE

パリ・オペラ座−響き合う芸術の殿堂

開催期間:

公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館(館長 石橋 寬)は、「パリ・オペラ座−響き合う芸術の殿堂」を2022年11月5日(土)より2023年2月5日(日)まで開催します。パリ・オペラ座は、バレエやオペラの輝かしい殿堂としてよく知られた劇場です。本展では、パリ・オペラ座の歴史を17世紀から現在までたどりつつ、さまざまな芸術分野との関連性を示すことで、その魅力を「総合芸術」的な観点から浮き彫りにします。フランス国立図書館をはじめとする国内外の約250点の作品により、芸術的、文化的、社会的な視野からパリ・オペラ座の多面的な魅力を紹介し、その歴史的な意味を明らかにします。

エドゥアール・マネ《オペラ座の仮装舞踏会》1873年、石橋財団アーティゾン美術館

この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。

展覧会概要

パリ・オペラ座は、バレエやオペラの輝かしい殿堂としてよく知られた劇場です。ルイ14世によって1669年に設立されたパリ・オペラ座は、その歴史を通して台本作家や作曲家、美術家に、芸術的な進展や技術的な革新を可能にする表現を常に注文してきました。この展覧会では、パリ・オペラ座の歴史を17世紀から現在までたどりつつ、さまざまな芸術分野との関連性を示すことで、その魅力を「総合芸術」的な観点から浮き彫りにします。特に対象とする時期は、19世紀から20世紀初頭。これはロマンティック・バレエ、グランド・オペラ、バレエ・リュスの時代にあたります。フランス国立図書館をはじめとする国内外の約250点の作品により、芸術的、文化的、社会的な視野からパリ・オペラ座の多面的な魅力を紹介し、その歴史的な意味を明らかにします。パリ・オペラ座と諸芸術との多様なつながりをテーマとする、これまでにない新たな試みです。

パリ・オペラ座とは?
パリ・オペラ座の内観 © Jean-Pierre Delagarde / Opéra national de Paris フランスを代表する歌劇場。パリ9区の絢爛な建築は、19世紀後半パリの近代化の一環として計画され1875年に完成、設計者の名に由来しガルニエ宮(オペラ・ガルニエ)とも呼ばれます。ルイ14世によって1669年に設立された王立音楽アカデミーを前身とし、350年以上の間、台本作家や作曲家、美術家に、芸術的な進展や技術的な革新を可能にする表現を常に注文してきました。1989年にバスティーユ歌劇場(オペラ・バスティーユ)が完成し、現在二つの劇場でバレエ、オペラの古典から現代作品までを上演しています。
(画像)パリ・オペラ座ガルニエ宮内観 © Jean-Pierre Delagarde / Opéra national de Paris

本展の見どころ

1. フランス国立図書館やオルセー美術館などから約200点の作品が来日
フランス国立図書館音楽部門には、パリ・オペラ座で上演した作品を中心に、フランスのオペラ、バレエ関係の資料が多く収蔵されています。本展はフランス国立図書館の所蔵する約200点をはじめ、オルセー美術館の所蔵するエドガー・ドガ《バレエの授業》など国内外から集結したオペラ座に関連する作品を紹介します。

2. 「総合芸術」的な観点からオペラ座の魅力を紐解く
ルイ14世の時代の舞台装飾家や衣装デザイナーから、19世紀のグランド・オペラの作曲家やロマンティック・バレエのダンサー、さらには21世紀の演出家に至るまで、パリ・オペラ座が、あらゆる分野の創造者と連携して、いかにして自らの芸術方針を築いてきたのかを明らかにしていきます。

3. オペラ座を描いたマネの2作品を展示
19世紀フランスの画家エドゥアール・マネ(1832-1883)は、パリ・オペラ座を題材とした作品を制作しました。アーティゾン美術館ではそのうちの一点を所蔵しています。本展は、ワシントン・ナショナル・ギャラリー所蔵作品とともに展示される貴重な機会となります。

章構成

序曲:ガルニエ宮の誕生
第Ⅰ幕:17世紀と18世紀
(1)「偉大なる世紀」の仕掛けと夢幻劇(2)音楽つきの「雅宴画」(フェート・ギャラント)
(3)新古典主義の美的変革
第 II 幕:19世紀[1]
(1)ル・ペルティエ劇場(2)グランド・オペラ(3)ロマンティック・バレエ
(4)装飾職人と衣装画家 *パリの観劇をめぐって
第 III 幕:19世紀[2]
(1)グランド・オペラの刷新(2)ドガとオペラ座(3)劇場を描く画家たち
(4)ヴァーグナーの美学 *作家とオペラ座 *ジャポニスムとオペラ座
第 IV 幕:20世紀と21世紀
(1)バレエ・リュス(2)近代芸術とオペラ座(3)画家・デザイナーと舞台美術
(4)演出家と振付師のオペラ *映画とミュージカル
エピローグ:オペラ・バスティーユ

同時開催

石橋財団コレクション選 特集コーナー展示
アート・イン・ボックス ―マルセル・デュシャンの《トランクの箱》とその後

4階展示室では石橋財団コレクション選をご紹介すると同時に特集コーナー展示を設け、マルセル・デュシャンの《トランクの箱》(1952年)を中心に《グリーン・ボックス》や《ホワイト・ボックス》等デュシャンのボックス作品に加え、これに影響を受けてその後展開した箱の形態の作品を展観いたします。

《著作権保護期間中の広報用画像について》
プレスリリース資料に記載の広報用図版のうち、パリ・オペラ座点の以下2点と同時開催の作品図版は著作権保護期間中の作品となります。掲載を希望される場合は広報事務局までご連絡ください。
■マルク・シャガール《オペラ座の人々》1968-1971年、ポーラ美術館
■クリスチャン・ラクロワ《翼に賭ける命のための衣装デザイン》1987年、フランス国立図書館 

マルク・シャガール《オペラ座の人々》1968-1971年、ポーラ美術館 ©ADAGP,Paris&JASPAR,Tokyo,2022 Chagall® C3919 クリスチャン・ラクロワ《翼に賭ける命のための衣装デザイン》1987年、フランス国立図書館 ©Bibliothèque Nationale de France
(画像左)マルク・シャガール《オペラ座の人々》1968-1971年、ポーラ美術館 ©ADAGP,Paris&JASPAR,Tokyo,2022 Chagall® C3919
(画像右)クリスチャン・ラクロワ《翼に賭ける命のための衣装デザイン》1987年、フランス国立図書館 ©Bibliothèque Nationale de France

開催概要

会期
2022年11月5日(土)〜2023年2月5日(日)
会場 アーティゾン美術館
住所 東京都中央区京橋1-7-2 Google Map
展示室 アーティゾン美術館 6・5階展示室
時間
10:00 ー 18:00(毎週金曜日は20:00まで)*入館は閉館の30分前まで
休館日
月曜日(1月9日は開館)、12月28日ー1月3日、1月10日
入館料
日時指定予約制(2022年9月6日[火]よりウェブ予約開始)
ウェブ予約チケット(税込) 1,800円、当日チケット(窓口販売)2,000円、学生無料(要ウェブ予約)
*当日チケット(窓口販売)はウェブ予約枠に空きがある場合に販売します。
*中学生以下の方はウェブ予約不要です。
*この料金で同時開催の展覧会を全てご覧頂けます。
*開催情報は予告なく変更となることがあります。
URL
【公式サイト】アーティゾン美術館
https://www.artizon.museum/
URL2
【公式サイト】アーティゾン美術館|展覧会詳細ページ
https://www.artizon.museum/exhibition/detail/545
SNS
主催 公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館
協力 フランス国立図書館
後援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
監修 三浦篤(東京大学大学院教授)
担当学芸員 賀川恭子、田所夏子
アクセス:JR東京駅(八重洲中央口)、東京メトロ銀座線・京橋駅(6番、7番出口)、東京メトロ・銀座線/東西線/都営浅草線・日本橋駅(B1出口)から徒歩5分
プレスリリース ダウンロード
ログインしてご利用ください。

広報用画像一覧

  • 画像説明エドゥアール・マネ《オペラ座の仮装舞踏会》1873年、石橋財団アーティゾン美術館
  • 画像説明シャルル・ガルニエ《パリ・オペラ座(ガルニエ宮)のファサード立面図、1861年8月》1861年、フランス国立図書館  ©Bibliothèque nationale de France
  • 画像説明フランソワ=ガブリエル・レポール《悪魔のロベール、第5幕第3場の三重唱》1835年、フランス国立図書館  ©Bibliothèque nationale de France
  • 画像説明エドガー・ドガ《バレエの授業》1873-76年、オルセー美術館 Photo © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Adrien Didierjean / distributed by AMF
  • 画像説明《『タンホイザー』初演のポスター》1861年、フランス国立図書館 ©Bibliothèque nationale de France
  • 画像説明レオン・サモイロヴィッチ・バクスト《『シェエラザード』でのイダ・ルビンシュタインの髪飾り》1910年頃、フランス国立図書館 ©Bibliothèque nationale de France
  • 画像説明エドゥアール・マネ《オペラ座の仮面舞踏会》1873年、ワシントン、ナショナル・ギャラリー
  • 画像説明ジャン=アントワーヌ・ヴァトー《見晴らし(ピエール・クロザ公園の林越しの眺望)》1715年頃、ボストン美術館
  • 画像説明ジャン=バティスト・カルポー《ダンスの精霊No.2》1872-1910年、オルセー美術館 Photo © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Tony Querrec / distributed by AMF
  • 画像説明ジャン=バティスト=エドゥアール・ドゥタイユ《オペラ座の落成式、1875年1月5日》1878年、オルセー美術館(ヴェルサイユ宮殿に寄託)Photo ©RMN-Grand Palais (Château de Versailles) / Gérard Blot/ distributed by AMF
  • 画像説明アルフレッド・エドワード・シャロン《『パ・ド・カトル』を踊るカルロッタ・グリジ、マリー・タリオーニ、ルシル・グラーン、ファニー・チェリート》1845年、兵庫県立芸術文化センター 薄井憲二バレエ・コレクション
  • 画像説明パリ・オペラ座ガルニエ宮内観
    © Jean-Pierre Delagarde / Opéra national de Paris

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
プレスリリース・画像データの一括ダウンロード
アーティゾン美術館の施設(外観・内観)画像も同時ご提供
この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。
  • ログインされていない場合は、
    ログインの上、お申込み画面にお進みください。
  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、ARTPR担当者 までご連絡ください。