プレスリリース

UPDATE

はじまりから、いま。1952ー2022
アーティゾン美術館の軌跡 —古代美術、印象派、そして現代へ

開催期間:

公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館(館長 石橋 寬)は、「はじまりから、いま。1952ー2022 アーティゾン美術館の軌跡—古代美術、印象派、そして現代へ」を2022年1月29日(土)から4月10日(日)まで開催いたします。本展では、1952年のブリヂストン美術館開館から70年の歴史を持つアーティゾン美術館の軌跡を、約170点の作品と資料とでご紹介いたします。また、これまで開催した展覧会のポスターや開館以来続く土曜講座の記録、美術映画シリーズ、正二郎の欧米外遊記録などさまざまなアーカイヴ資料とともに、歴史を振り返ります。

藤島武二《東洋振り》1924年

この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。

展覧会概要

アーティゾン美術館は、5年間の休館と改名を経て、2020年に新たにオープンしました。前身となるブリヂストン美術館の創設者石橋正二郎は実業家として成功を収める一方、日本近代洋画や西洋近代美術を中心とするコレクションを築き、美術館を設立しました。1956年の石橋財団設立後、その収集と美術館運営は財団に引き継がれます。また正二郎の長男幹一郎は、財団運営をおこなうとともに、自ら戦後フランスを中心とした抽象絵画を収集しました。幹一郎の没後、それらは正二郎から引き継がれた日本東洋古美術などとともに遺族によって石橋財団に寄贈され、従来のコレクションに大きな発展をもたらしました。石橋財団の運営によるアーティゾン美術館は、これまでの活動とコレクションを引継ぎ、拡張するとともに、コレクションと現代美術家との共演による展覧会「ジャム・セッション」などの新たな企画にも挑戦しています。
本展では、1952年のブリヂストン美術館開館から70年の歴史を持つアーティゾン美術館の軌跡を、約170点の作品と資料とでご紹介いたします。また、これまで開催した展覧会のポスターや開館以来続く土曜講座の記録、美術映画シリーズ、正二郎の欧米外遊記録などさまざまなアーカイヴ資料とともに、歴史を振り返ります。

本展の見どころ

1.石橋財団コレクションの現在から70年の歴史を振り返ります。
石橋財団は現在約2,800点の作品を所蔵しています。古代美術、西洋近代美術、日本近代洋画、20世紀の抽象絵画や現代美術、そして日本東洋古美術など多岐に渡るコレクションがどのように形成されていったのか、収集の歴史を遡りながら代表的な作品約170点をご紹介します。

2.新収蔵作品《平治物語絵巻 常磐巻(ときわのまき)》(重要文化財)を初公開
「平治物語」の終盤を、全長16mに渡って描いた絵巻が、新たにコレクションに加わりました。やまと絵の特徴を示す鎌倉時代13世紀の制作で、平清盛や常盤御前、牛若などが登場し、ドラマティックなストーリーが展開されています。

3.ザオ・ウーキーの大作、14年ぶりの展示
中国出身の画家ザオ・ウーキーは、東洋と西洋が融合した独自の画風を切り開き、戦後のパリ画壇で確固たる地位を確立しました。本展出品作《無題》(1982年)は、長さ3.7mを超える中国紙に墨で描かれた大作で、展示されるのは14年ぶりです。石橋財団の理事長であった石橋幹一郎はザオ・ウーキーを高く評価し、コレクションを築きました。この作品も自ら収集したもののひとつで、ザオから礼状が届くなど、両者の深い交流を示すものです。

4.さまざまなアーカイブ資料を公開
1952年のブリヂストン美術館の開館記念展から現在までの100点以上の展覧会ポスターを一堂に展示するほか、1950ー60年代初頭に前田青邨や坂本繁二郎ら芸術家たちの姿を撮影した記録映画、2,300回を超える土曜講座の記録なども公開します。土曜講座では、これまでに多くの美術史家や武者小路実篤、岡本太郎ら著名な文化人、芸術家による貴重な講演がおこなわれてきました。

構成

第1章 アーティゾン美術館の誕生
第1章では、近年の収集作品とともに、コレクションと現代美術家の共演による展覧会「ジャム・セッション」をきっかけに収蔵された作品などをご紹介します。アーティゾン美術館では、藤島武二《東洋振り》をはじめ、日本近代洋画や印象派などの従来の中心的なコレクションの充実に加え、20世紀初頭から現代までの美術へも視野を広げ収集しています。あわせて、これまで開催した展覧会のポスターや、ブリヂストン美術館の開館当初から続く土曜講座の記録もご覧いただけます。

第2章 新地平への旅
1998年の石橋幹一郎没後、遺族によってその個人コレクションが石橋財団に寄贈されたことで、従来のコレクションに大きな拡がりがもたらされました。なかでも幹一郎が収集したザオ・ウーキーをはじめ、戦後フランスの抽象絵画は、正二郎のコレクションと現在のコレクションをつなぐ重要な位置づけにあります。また、幹一郎がその公開に尽力した日本および中国の書画・陶磁器などのコレクションや、1953年に立ち上げた映画委員会による、芸術家のアトリエ風景などを取材して制作した記録映画をご紹介いたします。

第3章 ブリヂストン美術館のあゆみ
石橋財団コレクションは、1961年に寄贈された石橋正二郎の個人コレクションが基礎となっています。正二郎は日本近代洋画や西洋近代美術を中心とするコレクションを築き、美術館を設立することでそれらを広く一般に公開しました。また、欧米の美術館・博物館を数多く視察したことで古代美術にも関心を拡げ、開館後も積極的に収集しています。ここではブリヂストン美術館の開館初期のコレクションをご紹介し、あわせて正二郎による欧米外遊の記録を資料とともに振り返ります。

  
(画像左)ザオ・ウーキー《無題》1982年 ©︎2021 by ProLitteris, Zurich & JASPAR, Tokyo C3621
(画像中央)ザオ・ウーキー《07.06.85》1985年 ©︎2021 by ProLitteris, Zurich & JASPAR, Tokyo C3621
(画像右)ジョアン・ミッチェル《ブルー・ミシガン》1961年 © Estate of Joan Mitchell

※こちらは著作権保護期間中の図版です。こちらの広報用画像をご希望の場合は、広報課までご連絡ください。
*展覧会タイトルを省略する場合は【はじまりから、いま。1952-2022】とご記載ください。

開催概要

会期
2022年01月29日(土)〜2022年04月10日(日)
会場 アーティゾン美術館
住所 東京都中央区京橋1-7-2 Google Map
展示室 アーティゾン美術館 6・5・4階展示室
時間
10:00〜18:00(2月11日を除く金曜日は20:00まで)*入館は閉館の30分前まで
休館日
月曜日(3月21日は開館)、3月22日
観覧料
日時指定予約制(2021年11月29日[月]よりウェブ予約開始)
ウェブ予約チケット1,200円、当日チケット(窓口販売)1,500円、学生無料(要ウェブ予約)
*ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売します。
*中学生以下の方はウェブ予約不要です。
*開催情報は予告なく変更となることがあります。
URL
【公式サイト】アーティゾン美術館
https://www.artizon.museum/
URL2
【公式サイト】アーティゾン美術館|展覧会詳細ページ
https://www.artizon.museum/exhibition/detail/538
SNS
主催 公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館
担当学芸員 平間理香、田所夏子、黒澤美子
プレスリリース ダウンロード
ログインしてご利用ください。

広報用画像一覧

  • 画像説明 藤島武二《東洋振り》1924年
  • 画像説明 藤島武二《黒扇》1908-09年 重要文化財
  • 画像説明 ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子「鴻池朋子 ちゅうがえり」展会場風景(2020年)
    ©︎Tomoko Konoike Photo by Nacása & Partners
  • 画像説明 《平治物語絵巻 常磐巻》(部分)鎌倉時代13世紀 重要文化財
  • 画像説明 クロード・モネ《黄昏、ヴェネツィア》1908年頃
  • 画像説明 ギリシア《ヴィーナス》ヘレニズム時代(紀元前323-30年)

会員向けご提供広報用データ

ログイン または 新規会員登録の上、お申込みいただけます。
プレスリリース・画像データの一括ダウンロード
アーティゾン美術館の施設(外観・内観)画像も同時ご提供
この展覧会の
広報用データのお申込みはこちら
ログインしてご利用ください。
  • ログインされていない場合は、
    ログインの上、お申込み画面にお進みください。
  • ご新規の媒体は、ご登録の上、お申込みください。
    ご登録の際はご利用規約をお目通しの上、ご利用ください。
注意事項
当サイトのご利用にはログインが必要です。ログインの上、ご利用ください。 会員新規登録はこちらから
ご登録は、報道・メディア関係者の方に限ります。それ以外の一般の方はご登録いただけませんので、ご了承ください。
  • 推奨環境について:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Safari(Mac)各最新版、Internet Explorer11、iOS11.0以降・Safari最新版、Android 6.0以降・Google Chrome最新版を推奨しております。推奨環境以外でのご利用や、推奨環境下でもブラウザの設定によっては、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合がございます。また、JavaScript、Cookieが使用できる環境でご利用ください。不具合が生じた場合は、ARTPR担当者 までご連絡ください。